成人式2014年度の日程と成人する人数、出席率が低下する3つの理由



現在は1月の第2月曜日が成人の日と定められていますが、

1999年までは1月15日と決められていました。

 

かつて男性の成人を祝福する儀式「元式」が、

小正月である15日だったことから15日とされていましたが、

ハッピーマンデー制度に伴って2000年から日付が変更されました。

 

ちなみに2014年の成人の日は1月13日月曜日です。

 

成人を祝うのはこの日ですが、

地元では帰省した成人が式に参加しやすいように、

前日の日曜日に式を行うケースが多いようです。

 

ハッピーマンデー制度導入前までは、1日のみの休みだったため、

交通事情などの理由で成人式を、

ゴールデンウィークやお盆に行う地域もありました。

 

現在ではハッピーマンデー制度に加え、

週休2日制が導入されたためこのような地域は減ったのですが、

東北では現在も春~夏にかけて式を執り行うことがあります。

 

他の豪雪地域でも寒い冬ではなく、暖かい時期にやる事が増えています。

 

成人する人数

今年成人するのは1993年4月~1994年3月生まれの人たちで、

およそ119万人と予測されてます。

 

昨年より3万人ほど減少していますが、2015年には123万人まで増え、

今後は増えて減ってを繰り返すようです。

 

しかし、10年後には少子化により、

新成人の人口も減り続けると言われています。
スポンサードリンク

 

成人式に出席しない理由

近年では成人式の出席率の低下が目立っており、

その理由は以下のようになります。

 

1.受験による欠席

2.都合により帰省ができない

3.モラルの低下、が挙げられています。

 

2は分かるとしても、1の受験は「?」って感じです。

 

20歳と言うと大学生の人がほとんどですから、

会社の仕事が忙しくて休みが取れないと言う人は少数です。

 

なので都合により帰省できないと言うのは「?」ですね。

 

色々と推測してみましたが、

この就職難の時代、イマイチな大学に入っても良い職がないので、

良い大学を目指し浪人する人が多いんですよ。

 

それで成人式に行くと、今どうしてるか聞かれるじゃないですか、

その時に浪人してるって言うのは恥ずかしいですよね。

 

落ち目の自分を見せたくないじゃないですか、

昔はすごかったけど、今は残念な自分みたいな。

 

だから本当は出席したいけど、出れないと推測しました。

 

逮捕者続出

モラルの低下に関してはテレビでも取り上げられるように、

会場内で携帯電話を使う者や式台に上がる者、

公務執行妨害で逮捕させる者などが見られます。

 

暴走族が流行った昔の方がヤンチャな人は多かったですが、

逮捕者が目立つのは最近ですよね。

 

私も成人式には行きましたけど、

会場には入らず外で友達と話し込んでました。

 

わざわざ会場にまで入って壇上に上がるとか意味不明です、

昔ヤンキーで今は残念な人生を歩んでる若者が、

最後に一花咲かせれるチャンスなんでしょうけど。

 

式に出席しない人にとって、

「モラルが低い人と一緒にされたくない」と、

言う理由も挙げられているようです。

 

マスコミの偏見報道のせいで、

一生に一度の成人式に出席する意欲が低下するのは

いかがなものかなーと思いますね。

 

個人的には迷ってるなら行った方が良いと感じます。

 

私も最初は迷ってたのですが、実際に行くと楽しかったです、

昔の頃の友達に会うと話が弾むので面白いですよ。

 

迷ってる人はぜひ出席してください。

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ