結婚式の女性服装は?マナーとは?ドレス、アクセサリー選び



結婚式、華やかでその場にいるだけで幸せになりますね。

 

30代に近くなると結婚しようかな?と

そろそろ結婚を考えている子も多いんです。

 

男性と違い、女性は服装は凄く悩むんですよ、

男性は黒のスーツに白のネクタイがしきたりというか常識じゃないですか?

結婚式の服装、男性編はこちら

 

結婚式に呼ばれることってあまりないし、

お呼ばれした時、どんな格好をすればいいのか?

と不安になってるそこのあなた!

 

女性が結婚式に着ていく服装はどんなものが適しているのか、

調べましたので参考にしてください。

 

女性の服装のマナーとは?

基本的に女性の結婚式での服装はパーティードレスを着ます。

ただキャバ嬢のような派手はドレスはタブーですよ!

かと言って普段着るようなワンピースもタブー。

 

なので結婚式に適している女性の服装は

「パーティードレス」と言われるものが最適。

 

ただ白ドレスは花嫁さんの色なのでタブーです。

 

クリームベージュやシルバーなどのドレスも、

明るい色の小物と合わせると全身が白っぽい服装に見えるのでNGです。

 

アクセサリーはパール、

バッグは小ぶりのパーティーバッグ、靴はパンプスが基本です。

 

濃い色のバッグ、靴を合わせ、全身が白になるのを避けると大丈夫ですよ。

 

白がダメなら黒でいいんじゃない?

男性の結婚式の服装は黒なんでしょ!? と思いますよね。

 

黒ドレスに一連のパールネックレス、黒ボレロ、黒いくつとバッグ、

全身が黒の服装は「喪服」をイメージさせるので結婚式ではタブー。

 

明るい色の羽織物、バッグ、靴を合わせ、全身が黒になるのを避けるとOKです。

 

結婚式や昼の披露宴では、ひざ上10cm以上のミニスカート、

胸の谷間が見える襟ぐり、太ももまでのスリットなど露出が多いデザインはNG

 

まぁ、見た目も派手に見えますし、結婚式には向いていませんね!

 

一般的なマナーとして肩を出した服装もNGですので、

ノースリーブのドレスの場合は羽織物を1枚引っ掛けるように心がけましょうね。

 

ただし、カジュアルな披露宴、夜の披露宴では、

肩を出した服装でもOKなので、 もし肩を出したい、

夜の二次会などに自慢の胸やスタイルを見せつけてくださいませ(笑)

 

足元はベージュのナチュラルストッキング+ヒール5cm以上のパンプスが基本

 

黒タイツ、カラータイツ、網タイツ、素足はタブーです、

ただし模様の入った黒タイツはOKです。

 

服装の色にもよりますがパーティードレスに黒タイツは似合いません、

靴は、ブーツ、カジュアルなサンダル、つま先やかかとの見えるミュールはNGです。

 

パンツスタイルじゃダメなの?

そう言えば女性の結婚式に出席する服装はパーティードレス。

私、スカートは嫌いなんだけど…と思ったあなた!

 

大丈夫ですよ、パンツスタイルでも全然OKです!

 

ただし、リクルートスーツのようなものにならないように 気配りは必要です。

 

光沢のあるパンツやカラーパンツなどでもOK、

シンプルな黒や白のパンツを履く場合はトップスを華やかに決めましょう。

 

こういうのだとパーティーの雰囲気が出ますし華やかでいいですよね。

 

「パンツドレス 結婚式」などで調べると沢山ありますので もし、

パンツスタイルがいい人は参考にしてください。

 

パーティードレス、パンツドレスともに言えることですが、

とにかく露出は避ける事です。

 

主役は新婦さんですので、白でまとめる事は絶対にしないように!

 

もし、白を入れるならアクセサリー、羽織、靴などで調節してくださいね!

 

来てくれてありがとう~と言われるように

服装も気を配って 楽しい結婚式にしてあげましょう~

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ