ジーンズの歴史とデニム生地の種類、メーカー品から専用店へシフト



現代のファッションになくてはならないアイテムがジーンズです。

 

ホテルのパーティなどでは、

カジュアル過ぎると言うことでジーンズ禁止ですが、

 

普段着ではジーンズを着てる人が多いですし、

私自身も休日はほぼ100%ジーンズを履きます。

 

スタイルを選ばないと言うか、上に着るモノがなんでも合うのが良いです、

とりあえずジーンズをはいておけばサマになりますので。

 

デニムの素材

ジーンズの素材となるデニムの生地には以下のモノがあります。

 

・ライトハンドツイル

・ブロークンツイル

・ダンガリー

・カラー

・ストレッチ

 

これらを基本としています。

 

コレ以外にもそれぞれの服飾ブランドごとに麻を利用したもの、

金糸や銀糸、ラメ糸などを使用した物など、

色々な質感を持った生地が登場してきています。

 

私のようなライトユーザーは気になりませんが

デニム好きはこのあたりも重要視するんでしょうね。

 

ジーンズ専門ショップの出現

そしてデニムを生地として利用したジーンズは、

あらゆる年齢層に着用されているアイテムであり、

ジーンズの専門ショップも多く登場してきました。

 

以前はリーバイス、エドウィン、リー、ラングラーなど、

メーカー品が人気を集めていましたが、

 

他人とは違ったジーンズを履きたい!

このような人が増えたのが大きな理由です。

 

エビスジーンズとかは特に有名で、

人気メーカー品に比べると高価になりますが所有者は増えています。

 

ファッションアイテムへ

ジーンズは、元々は丈夫なデニムを利用した、

労働者パンツとして復旧をしたのですがインディゴ染めが主流になり、

 

映画の中の小道具として利用される事によって、

主に若者を中心に人気が広がってきました。

 

そして縫製器機の技術力が向上する事によって、

特殊な糸を利用したデニム生地が登場する事で、

 

ジーンズのデザインや見た目にバラエティーが出てくることによって、

従来の労働着としてのジーンズと言うイメージは変わりました。

 

ファッションアイテムのジーンズとして認知度が高まり、

女性の中にも愛用する人が増えてきたのです。

 

このようにジーンズの歴史を見る場合には、

デニム生地のバラエティーが大きく関わっています。

 

また特殊な生地を生産する事が可能になった事から、

ファッションブランドの中にも、

独自の生地を作り出すブランドが増えてきており、

ますますジーンズ熱が高まってきているのです。

 

まだまだメーカー品しか履いた事がないあなたも、

コレを期に専門店のジーンズを履いてみてはいかがでしょうか?

 

そうは言っても私はメーカー品派なんですけどね(笑)

私はエドウィンをずっと履いてます、リーバイスも気になりますが、

今更乗り換える気はしないですねーこのあたりもこだわりでしょうね。

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ