セスキ炭酸ソーダの使い方(大掃除編)重曹との違い



セスキ炭酸ソーダと聞くとなにやら危険な香りがしますよね。

 

これは重層と炭酸ナトリウムとの複塩で、

アルカリ性の物質で水に溶けやすいという性質を持っています。

 

使い方は掃除や洗濯など幅広く使うことができます。

 

皮脂や垢などの軽い汚れを落としたり、酷い油汚れの下処理に使用したり、

キッチンのべたつきにも効果を発揮します。

 

また手あか汚れなども落としてくれるので、

リモコンやスイッチ、ドアノブを掃除するのにも使えます。

 

界面活性剤を含んでいないので、

激しい汚れを落とすのには向かないですが、

軽い汚れには効力を発揮します。

 

何だかんだで幅広く使えるにくいやつです。

 

ダイソーで買って、さっそく使おう

掃除に使えるのは分かったけどどこで買えるの?

このように思う方は多いですがセスキ炭酸ソーダは無機物なので、

環境にも優しく100円ショップなどで手に入ります。

 

初めて使う場合は探すのが大変でしょうから店員さんに聞いてください。

 

セスキ炭酸ソーダで掃除をする時は、

スプレー容器に水500mlと小さじ一杯の、

セスキ炭酸ソーダを入れる使い方が一般的です。

 

濃度は汚れに合わせて調節しましょう、

重層よりも水に溶けやすいので、スプレーが詰まる心配がありません、

お好みでアロマオイルを混ぜて香りをつけてみてもいいでしょう。

 

その際は分離しているので使う直前に十分に振り、

液は作り置きできますが2~3ヶ月で使い切れる位が目安です。

 

調子にのってシャカリキに作り過ぎないようにしましょう。

 

また気になる保管方法ですが、

直射日光や高温になる場所を避けて保存するようにしましょう。

 

使い方と適した場所

使い方は様々ですが、基本的なことを説明しますね。

 

換気扇やガスレンジ台、クッキングヒーターなどは、

スプレー後、しばらく放置して拭き取りましょう。

 

ドアノブの手あか汚れにもサッとスプレーして、

拭いてみると汚れがキレイに落ちていますよ。

 

セスキ炭酸ソーダとは適切に使うと効力を、

最大限発揮することができるので、掃除の際にはひとつ持っておくと便利。

 

重層よりも水に溶けやすい性質なのでとても使いやすいです。

 

各メーカーから色々な洗剤が発売されてますが、

新聞紙で窓を拭くのと同じで、商品を使う以外でも綺麗に掃除する方法はあります。

 

大晦日の大掃除はセスキ炭酸ソーダが大活躍しました。

 

この手の情報に詳しい奥様は、

結構使ってる方が多いので、あなたも取り入れてください。

 

一度使ったら病み付きになりますよーホントすごいですから^^

是非とも試してみて欲しいですね。

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ