ソフトバンクのテザリング(iPhone編)メリット、デメリットを検証



ソフトバンクテザリングとは、

iPhon5s、iPhone6S、iPhone6を外出先等で、

 

通信機能を持たないWi-Fi対応のパソコンやゲーム機、

タブレット端末をネット接続させるための機能です。

 

テザリングをしている最中でも、

通話はできるので非常に便利な機能です。

 

今回はソフトバンクのiPhoneに特化して説明しますね。

 

どこでもインターネットが楽しめる

テザリングをするとiPhone1台で複数のPCやタブレット、

ゲーム機などをインターネットに接続させて、

Wi-Fiルーターにすることができるんです。

 

もちろん複数台をネット接続させることができるので、

第三者から不正に侵入される危険を回避する為に、

セキュリティ設定をきちんと行うことが大切です。

 

特に会社のパソコンは機密情報が入ってる事が多く、

情報漏えいをしたら査定に大きく響くので、出張などの際は注意が必要です。

 

ウィルスにやられて大問題と言うのはニュースで聞きますからね。

 

テザリングのメリット

ソフトバンクテザリングを実際に試してみるとiPhoneをルーターにして、

ネット接続できるのが最大のメリットですね。

 

新たにモバイルルーターの契約をする必要がないので、

ネット接続のコストを安く抑えることができます。

 

外出先で少しパソコンを立ち上げて、

メールをチェックしたりすることができるし、

テザリング中でも通話は可能なのでとても便利です。

 

出張だからと言ってチェックできなかったは通用しない時代ですからね。

 

デメリットはバッテリーの消耗

一方、デメリットといえば、

バッテリーがすごい勢いで減ってしまうことです。

 

目に見えてガンガン減って行きますからね、

消耗が早いとは聞いてましたが、あそこまで早いとは…

 

ただし、バッテリーが早く減ってしまうというデメリットは、

予備のバッテリーを持ち歩くことで対処できます。

 

また大量にデータのやりとりをすると、

通信の速度制限がかかってしまうこともデメリットです。

 

ようするにネットを見てる時、PCが重くなるわけです、

これは正直かなりのストレスになりますね。

 

それでもテザリングは良い

ただこのデメリットを考えてもコストがかからないのは大きいです。

 

しょっちゅう外出先でネットを使うならまだしも、

たまにしか使わないのにモバイルルーターの契約をするのは、

料金を考えたらアホらしいですからね。

 

ただよく外出するのであればモバイルルータの方が良いです。

 

テザリングのメリット、デメリットを正しく理解し、

ソフトバンクのiPhoneで楽しみましょう。

 

あーちなみにですが、

パケ放題に入ってるのが前提、これに入ってないと詰みます(笑)

 

後で料金を見てビックリと言うことがないように

事前にチェックしておきましょう、まあ今時みんな入ってるでしょうけどね。



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ