デンタルフロスの効果は?疑問解決と出血する理由



最近いろんなメーカーから、デンタルフロスが販売されています、

今は予防歯科と言う考えが定着してますからね。

 

ただ 「使っていて本当に必要があるのかな?」と素朴な疑問が出てきました。

 

同じような方がいると思うので、

デンタルフロスを実際に使ってる私が解説します。

 

歯垢を大幅に除去

デンタルフロスは歯ブラシでは磨ききれない、

歯と歯の間についた歯垢、歯茎についた歯垢を取り除き、

虫歯や歯周病を予防するために使っています。

 

歯ブラシでただ磨くだけでは、

歯垢は50~70パーセント程しか除去ができないと言われてますが、

 

デンタルフロスを使用すると、

歯垢の約90パーセントを除去することが出来ます。

 

これだけ差が出るとなるとフロッシングの必要性が分かるはずです。

 

フロッシングのタイミング

次の疑問に思ったのは、いつどのタイミングで、

使ったらいいのかなということです。

 

「歯ブラシで磨く前? それとも磨いた後?」どちらでしょう。

 

虫歯菌、歯周病菌は夜寝ている間が一番繁殖するので、

夜寝る前のケアが一番大切なんです。

 

ですから最低1日1回、夜寝る前の歯磨きの後に、

デンタルフロスで丁寧にフロッシングするのが効果的。

 

もちろん毎食後の歯磨きの後にフロッシングすると口の中がさっぱりします、

ただ1日1回しかしないのなら就寝前がおすすめになります。

 

出血はするものです

フロッシングをしていると出血することがあるので、

逆に歯茎を痛めているのではないかと疑問に思いました。

 

今まで使ったことがない人がいきなりフロッシングし始めると、

取りきれていなかった歯垢が原因で起こしていた、

炎症部位から出血するためなんです。

 

つまり自分の使い方が悪いのではありません、

そう言うモノだと思ってください。

 

毎日フロッシングすることで、

徐々に炎症が治まって出血することもなくなりました。

 

出血するからといってフロッシングを止めてしまうのではなく、

続けた方が炎症はよくなってくると実感できます。

 

悪い物を出していると言う感覚で

根気強くデンタルフロスで仕上げを行うようにしましょう。

 

歯は一生のお供

私に限らずあなたもそうでしょうが、子供の頃は歯磨きが嫌いで、

「虫歯なんてへっちゃらだー」と、言う時期もありましたよね。

 

ただ年をとってくると歯の重要性と言うのは感じるようになります。

 

食後は毎回歯磨きをしますし、

就寝前のデンタルも取り入れ、歯を大切にしています。

 

歯は一生のお供ですから、大事にしないと将来歯抜けになって、

入歯とポリグリップSが欠かせない生活になってしまいます。

 

そうならない内に今の内から歯を大切にしましょう、

このあたりは本当に日頃のケアがモノを言いますので。

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ