嫌韓が急激に広がった理由は?他の国からも嫌われてる?



最近よく耳にする嫌韓とは韓国や北朝鮮に対して、
嫌疑・嫌悪を表す用語として使用されているものです。

 

ネットで話題になっている情報には以下のモノがあります。

 

・日に日にエスカレートする反日行動・デモ
・スポーツ精神におけるマナーの悪さ
・異国文化の強引な売り込み

 

本来ならばお隣さんとして協力するべきですが、
なかなか思うようにはいかないようです。

他の国でも起きている

主に領土問題を巡ることで隣国と対立しやすく、
日本と韓国や北朝鮮だけではなく、
ドイツとポーランド、イギリスとフランス等でも対立が起きてます。

 

ただ他国の争いは日本人の関心が薄く、
マスコミが放送しないので知らないだけです。

 

戦争規模に発展したり、
爆弾テロで大勢の死傷者が出れば取り上げるでしょうが、
基本的に取り上げられる事はありません。

韓国を嫌いな人が増えた理由

嫌韓が急に広がった理由は、竹島を巡る領土問題です。

 

両国の主張が異なり意見が食い違うことで、
勝手に領土へ侵入する行為をする事で信頼関係が崩れました。

 

また従軍慰安婦問題の見解の歪みからニュースへの批判ではなく、
韓国の文化・人種自体を否定する人も増えました。

 

また韓国との緊迫した情勢の中に、
K-POPなどの韓流ブームが到来したため、
さらに顔をゆがめる人も多く見受けられるようになりました。

 

アンケート結果

しかし嫌韓が騒がれている中、
日韓の関係は友好的と言うアンケート結果もあります。

 

イギリスBBC放送が行った、世界16カ国とEUを対象とした調査では、
日本が韓国に対する評価は肯定派19%、否定派28%と判明。

 

【韓国否定派の割合】

・日本28%

・カナダ41%

・メキシコ45%

・フランス47%

・ドイツ65%

 

海外の方が日本に比べて否定派が多いです。
理由はトリノ五輪での疑惑の判定の数々でしょうね。

政治への関心が薄い

ただ日本人はYES、NOをハッキリしない国民性です、
調査結果の好き、嫌いを合わせても47%ですから、
残りの53%はどちらでもないわけです。

 

選挙の時に誰に、どの党に入れるか決めてない人が多いように、

政治に関心がないと言うのもあるでしょう。

 

政治、海外ニュースに興味がない若者が増えてるので、
今後の日本はどうなるのか心配です、

日本国民の政治への関心のなさは世界的にみると異常ですからね。

 

このまま韓国、北朝鮮、中国にしてやられなければ良いのですが…
まあすでにしてやられてると言う意見もありますが^^;

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ