海開きの時期は?海の家でクソまずい、ぼったくり料理を食べろ!



海開きは夏になり気温が高くなり海水浴ができる時期になると、

神主などの神事を執り行ったうえで海水浴場の繁盛と安全を祈願し、

公に海水浴ができることを宣言することをいいます。

 

沖縄は本州よりもはるかに南で温暖な気候であるため、

3月後半から4月の前半にかけてほとんどの海岸で海水浴が可能となります。

 

本州では7月1日というのが多いですが、

同じ本州でも地域によって気温差があるのでまちまちです。

 

日本で一番早いのは小笠原諸島の父島と母島で、

なんと元旦となっています。

 

元旦とか早すぎでしょ(笑) まあ沖縄だと冬でも20度くらいあるそうですから。

 

海開き前に泳いだらダメ?

日程などは自治体の条例や規則などで決められているものではないので、

正式な海開きの前であっても遊泳可能な海岸であれば自由に遊泳可能。

 

ただ、安全のために配置されるライフセーバーがいなかったり、

これ以上沖に行っては危険だという目印などが、

設置されていなかったりということです。

 

あとは、正式に海水浴が可能と宣言される前ですから、

水温や気温が低いため遊泳の際は低体温症などに注意しましょう。

 

冬の方が風が強く波が高い傾向にあるので、

ウェットスーツを着て練習するサーファーもいますよね。

 

そこまでしてやりたいもんかねーと思いますが好きなんでしょうね。

 

夏休み中の海は人だらけ

海開きとなり夏真っ盛りになるとレジャースポットして多くの人で賑わいます。

 

夏休みにもなれば家族連れも増え、

砂浜は人であふれかえり落ち着いて遊泳できないほどになります。

 

まさにイモ洗い状態!

 

中でも和歌山県の白浜や神奈川県の江の島・湘南などは、

全国的にも有名な海水浴場であり。

 

7月から8月の海水浴シーズンは、

砂浜は人だかりで足の踏み場もないくらいです。

 

また駐車場が一杯で海水浴をスタートすること自体が、

すぐには出来ないと言うダブルパンチです。

 

なので海に行くのが嫌と言う人もけっこういますよね。

 

海の家で激マズ料理を堪能

夏の砂浜といえば「海の家」が風物詩です。

 

海水浴を楽しんで疲れを回復させるため、

一時的な休憩場として利用する人も多いです。

 

ただ出される料理はレトルトが多く、

海で食べると言う付加価値がないと、

キレそうになるくらいぼったくり価格です。

 

それでも売れるから、色々な店が出されるんですけどね、

祭りの屋台と同じイメージです、あれも味がどうこうではなく、

値段が高くても買ってしまいますよね。

 

まあ海の場合は運動をしてお腹が減ってるのもあるでしょうけどね。

 

またうきわ1個レンタルで500円とか、空気で膨らますボートは1000円など、

原価を考えたらむちゃくちゃ利益が出る商売なんですよね。

 

なので何度も行くなら事前に準備して行った方がお得ですよー

 

小さい子供がいる場合は夏休みに何度も行く事になるので、

昼ご飯を買って行ったり、グッズを揃えた方がリーズナブルなので、

計画的に出費を抑えて楽しむようにしましょうね。

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ