ジューンブライドの由来と起源、実はブライダル業界の戦略だった!



ジューンブライドの文字どおりの意味は

「6月の花嫁」つまり6月に結婚することを指します。

 

特に欧米では昔から6月に結婚すると、

一生幸せな夫婦生活を送れる言い伝えがあることから、

現在でもこのような流れを受け継いでいます。

 

日本でもこの考えは輸入されており、しっかりと定着してます。

 

由来はギリシャ神話

ことの由来は、ギリシャ神話の神ゼウスの妃であるヘラという女神です。

 

この女神ヘラが守護している月が6月とされていたため、

結婚式を6月に挙げるとヘラの加護を受けて幸せになれると考えられたわけです。

 

欧米に限らず世界中で多くの人が、

ジューンブライドとなることに憧れています。

 

海外だけではなく日本でも同じことが言えます。

 

結婚会場を押さえる時期

そのため、日本においても結婚式の件数は6月が最も多く、

結婚式場や神社や協会など式を行うことができる、

披露宴会場はどこも予約で一杯となるため、

 

6月に結婚式を希望の式場で挙げたい場合には、

早くから会場をおさえなくてはなりません。

 

ちなみに結婚式会場の予約ですが、早い人は1年以上前からします、

私は10ヶ月前くらいに予約しましたが、遅い方と言われました。

 

出来ちゃった結婚の場合は3~4ヶ月間で、

一気に準備をしますが、かなり大変でしょうね。

 

あまり遅いとバタバタしますので早めに動くようにしましょう。

 

企業戦略

日本においては6月といえば梅雨の時期なので、

結婚式の日が雨に見舞われることも少なくありません。

 

式は室内で行なわれるとはいえ、

式の出席者は雨のなか会場まで足を運ぶのは大変であり、

じめじめした陽気が気持ち悪いものです。

 

そういった理由もあり、

昔は6月に結婚式を挙げるカップルはほとんどなく、

ホテルなどの結婚式場は閑散としていました。

 

こうした状況を何とかしようと欧米を真似て、

「6月に結婚すると幸せになる」というロマンチックな言い伝えを広めた、

企業戦略の結果として日本でもジューンブライドが浸透しました。

 

結婚式場としては梅雨の閑散とした時期に

お客をかきいれる良い口実になったというわけです。

 

海外ではジューンブライドが梅雨とは関係ないので、

本来の意味を尊重して行われています。

 

6月にやるのはナンセンス

余談ですがホワイトデーは製菓メーカーが、

売り上げを伸ばすために設定した日になります。

 

ジューンブライドに関しては由来があるので、

完全にブライダル業界が設定したわけではありませんが、

それでも踊らされてるのは事実です。

 

人気の時期は気候の良い春、秋で、私は春に行いました、

なので少し遅らせればジューンブライドも出来ましたが、

雨が降ったらせっかくの思い出が台無しなので止めました。

 

ブライダル業界の人には怒られそうですが、

個人的には梅雨は避けるべきだと考えます。

 

じっさいジューンブライドとして行われた結婚式に行きましたが

案の上、雨だったのでなんだかなーと言う感じでした。

 

雨の日は参列者も大変なので避けてもらいたいところですね。

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ