さくらの語源はサクヤ、長い歴史の末に絶滅の危機!



「さくら」といった場合、

多くの日本人は花見でおなじみの「桜の花」をイメージします。

 

日本を代表する花であるゆえに、

桜の花の淡いピンク色やその美しさになぞらえて、

女の子の名前に使われることも多いです。

 

また、JR西日本のJR九州が山陽新幹線と九州新幹線の、

新大阪駅から鹿児島中央駅間で運行する列車にも使われており、

日本国民にとって非常にポピュラーで親しみがある花です。

 

その歴史と語源について今回は説明しますね。

 

サクヤと呼ばれてた

さくらの歴史は古く、奈良時代に書かれた古事記に登場する、

「木花咲耶姫」の「木花」のことだといわれています。

 

奈良時代は「サクヤ」と発音されていたものが、

時代が経つにつれ「サクラ」と発音するようになりました。

 

起源についてはたくさんの説があり現在においても

どの説が正しいかははっきりと解明されていませんが、

現在ではこれが有力とされています。

 

絶滅した品種は多い

日本人にとってさくらの花は古くから愛されてきており、

満開となる春先には桜の木の下で宴会を催すのは、

今や春の風物詩となっています。

 

しかし明治維新のころには、

桜の木は江戸時代までの封建時代の象徴とされ、

 

日本各地にあった桜の樹が伐採されました、 

このため多くの品種が絶滅してしまいました。

 

これは意外でしたね、古くから愛されてた花と思ってました。

 

歴史はさかのぼり、昭和初期の軍国主義の時代になると、

桜の花は軍人の象徴されるようになり、

日本各地の学校や公共施設などに多く植えられました。

 

現在でも多くの小学校や中学校などに桜の樹が多いのはその名残です。

 

桜=入学式と言うイメージがあるので、

そのために植えられたと思ってる人がいますが実はそうじゃないんですよ。

 

紅葉と並んで親しまれる

花、木などたくさんの植物が日本にはありますが、

大勢が見に行くのは花見の桜、紅葉狩りのもみじくらいのモノです。

 

それだけ美しく、日本人に愛されてるのです。

 

パッと咲いてパッと散ることから自分の生き様と重ねた

侍が愛したともいわれるのが桜です。

 

開花の期間が短く、花見に行く時は事前に調べておかないと、

咲き始め、散り始めと言うことがよくあり、

休日と満開の時期がドンピシャで合うことは少ないです。

 

しかしながらせっかく見るなら満開を楽しみたいですよね、

この時期はニュースなどで咲き始め、五分咲き、満開、散り始めなど

毎日のように放送されますので事前チェックをしてから行ってくださいね。

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ