子供の日(端午の節句)の定義と日付、こどもの日とひらがな表記の理由



子供の日は日本における国民の祝日の一つであり、

ゴールデンウィークの最終日の5月5日を指します。

 

この日が祝日であることは1948年に祝日法で定められました。

 

子供の日の定義は以下のように記載されています。

こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する

 

これは初耳でした、なじみ深い祝日でも意味をしらないことは良くありますよね。

 

ひらがな表記の理由

現在はこの祝日の表記としては漢字ではなく、

「こどもの日」とひらがなで表記するのが一般的です。

 

この理由ですが子供の「供」という字が、

「大人の手下」というイメージがすると言う声があったから、

また子供でも読めるようにひらがなにした。

 

後者はわかるんですが、前者は意味不明ですね、

その発想自体出てこないですよ普通。

 

まあ個人的にどっちでも良いと思います、

こんな細かい事にまでクレームを付ける人は異常ですね。

 

端午の節句

もちろん、5月5日は古くから端午の節句として、

男の子の健康と成長を願う年中行事が行われていました。

 

大正時代になると「児童愛護デー」として活動を行っていた、

団体が国会に5月5日を祝日とする請願を寄せるなどの出来事がありました。

 

今でもそうですが、女の子の健全な発達を祝う桃の節句である、

3月3日の「雛祭り」の日が祝祭日でないのに、

 

5月5日だけを祝祭日にすることについて、

男尊女卑だとする見方が当時湧き上がりました。

 

こんな所でもクレーマーがわくんですね(笑)

最近よくメディアに取り上げられますが、昔からいたんですね変な人は。

 

日付が5月5日の理由

また、子供の日の制定にあたっては、

事実は当初、桃の節句の3月3日や学校が始まる、

新学期がある4月1日という案もありました。

 

しかし、3月3日では北海道や東北地方はまだ寒く、

4月1日はエイプリルフールと重なるということで、

最終的には5月5日に落ち着いたのです。

 

別にぞろ目を狙って5月5日にしたんじゃないですよ、

桃の節句もぞろ目だから、そう思ってる人もいるみたいですが。

 

戦後、「こどもの日」は全国的に広まり、

現在ではゴールデンウィークの締めくくりとして、

全国各地で子供を対象としたイベントが行われます。

 

GWの最終日でゆっくり休みたいでしょうが、

子供のために一頑張してください。

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ