土用の丑の日の語源と時期、うなぎは栄養価が高くビタミンB1が豊富!



土曜日はうなぎの日、と勘違いをしている人が少なからずいますが、

これはスーパーマーケットなどの宣伝であって、完全に踊らされてます(汗)

 

詳しい説明を分かりやすくしますねー

 

本来の「どよう」というのは、

立春・立夏・立秋・立冬の日を迎える前の18日間です。

 

更に、たとえば立春の前には小寒や大寒があり、

季節の移り変わりを暦に表現しているのです。

 

陰陽五行説の考え方が根底にあるのですが、

自然とともに生活を営んできた日本人ならではの考え方と言ってもよいでしょう。

 

年に何度もある

そして「どよう」は年に4回あります。

 

夏は小暑の後13日目が土用の入りとなり18日間後に明けとなりますが、

この間の干支の巡りによって土用の丑の日が決まるのです。

 

このため、毎年の日にちは不定期となっていますが、

共通していることは1年のうちの暑い盛りであるということです。

 

なので夏と言ったらウナギと言うイメージは間違ってません。

 

商業主義に踊らされる日本人

土用の丑の日についての有名な逸話は、

江戸時代の発明家「平賀源内」のコピーライター説です。

 

実はうなぎ屋の商売繁盛を狙っての作戦だったのです。

 

夏は栄養価が高いウナギを食べて、

滋養強壮と夏バテ防止と言うイメージがありますが、

何の事はありません、うなぎ屋の陰謀です。

 

ホワイトデーも製菓メーカーの陰謀であり、

●●の日も、将来的に同じ効果を狙って業界が設定してます。

 

日本ではこう言うのはかなり多いですからねー注意が必要です。

 

 栄養抜群!

うなぎのかば焼きは本当に美味しいですよねー

 

また栄養価の高い食材で夏バテに効果的な、

ビタミンB1を多く含んでいます。

 

現代ならば豚肉や鶏の胸肉で充分に補うことができるのですが、

昔は肉を食べる習慣が庶民にはなく、

滋養強壮に効果的な食物としてはうなぎ、卵、鯉などが一般的でした。

 

ビタミンAも多いので疲れ目に効果的ですし、

カリウムはむくみ、鉄分は貧血、亜鉛は味覚障害予防に効果的な栄養素です。

 

つまりうなぎ屋の陰謀はさておき、

栄養満点であることは事実というわけです。

 

ただ、天然ものは夏場には痩せているものが多くなっており、

夏場に食べるなら養殖もののほうが味は安定しています。

 

夏場に限らずうなぎは栄養価が非常に高いので、

定期的に食べることで体調維持をすることができるのです。

 

最近は価格が高騰しており、スーパーで1000円以上で売られており

なかなか手が出ないと言うのが正直なところですよね。

 

土用の丑の日は需要があるので高値が付く傾向にありますが、

せっかくなので食べましょうかー

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ