体育祭と運動会の違いは?中学生以降で呼び名が変わる



学校で行われるスポーツに関連する催しには、

運動会、体育祭、球技大会などがあります。

 

その中で運動会は幼稚園や小学校で開催される場合に、

使用される呼称として知られています。

 

また地域や会社主催で開催されるスポーツの催しも、

なぜか運動会という呼称が使われています。

 

この辺りの違いが分からない人のために分かりやすく解説しますね。

 

運動会と体育会の競技の違い

運動会はチームや個人対抗の種目が多いです。

 

体育祭にも運動会と同じように、

リレー、障害物競争、徒競走など優劣を競う競技もありますが、

組体操、仮装行列、ダンスなど特に運動能力とは関係のない種目もあります。

 

運動会は運動能力を競うよりも、

楽しむという意味合いが強いのが大きな違いです。

 

体育祭は、誰かに見せるという目的はなく、

小学校のように保護者が観戦することはありませんし、

なにより平日に行うことが多いです。

 

体育祭のプログラムに組み込まれている種目の多くが、

競技を楽しむという意味合いが強いのが特徴となっています。

 

運動会はみんなで楽しく、体育会は競技を楽しむと覚えましょう。

 

レベル差が激しくなる

というのも中学生や高校生になると、

運動部は本格的な練習をして技術を修得しており、

全国レベルで戦う大会に参加する機会も増えてきます。

 

そのため、本格的な運動をしていない、

文化部、帰宅部と同等にプレーをするのは無理です。

 

このようなことを考慮すれば、体を動かすことを楽しむための、

お祭りが相応しいと納得することができます。

 

また学校によっては、球技大会を組み込んでいたり、

文化祭とセットにして学園祭として催していることもあります。

 

一番の理由は親が来るかどうか

こう言った違いがあるのは事実ですがもっと分かりやすい違いがあります。

 

運動会と体育会の一番の差となってるのは、

やはり保護者が見に来るかどうかでしょう。

 

親が見に来る場合、先生側としては気合を入れざるをありませんし、

実施されるプログラムも十分に吟味されます。

 

参観日も親が来るので、先生は緊張すると言ってました、

特に最近ではモンスター化したクレーマーが多いですから。

 

そう言う意味では学生だけの体育祭は気軽に行えますし、

小学生の頃に比べると圧倒的に練習時間も少なくなります。

 

この事からも保護者観戦が大きなファクターである事がわかります。

 

体育祭は正直どうでも良いですが、

運動会は子供にとって大きなイベントなので

仕事は休んで観戦しに行ってあげてくださいね。

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ