盆踊りの目的と発祥と開催時期、子供も安心!太鼓・鐘・笛で楽しいムード



町内会の回覧などで夏が近づくと、練習日のお知らせが回ってきます。

 

また夏休みに田舎や実家に帰ると浴衣を着せられて、

盆踊り、縁日を楽しむのが恒例となっている人も多いでしょう。

 

お盆の時期に開催されるのは、

下界に戻ってくる先祖や故人の霊を鎮め供養するのが目的です。

 

今回は発祥、開催時期などについて説明しますね。

 

 開催時期は地域によって異なる

時期は7月とか8月とか地域にのしきたりによって異なりますが、

盂蘭盆の行事のひとつとして行われていることは共通しています。

 

盆踊りの発祥には色々な説がありますが、

平安時代の念仏踊りが発祥という説が有力です。

 

日本全国に広がったきっかけは、

鎌倉時代の一遍上人と言われていますが、

それは激しい踊りだったと言われています。

 

この頃には霊を鎮めるという神聖な意味合いよりも、

精神の解放に重きが置かれ、激しい振付と華やかな衣装が特徴となりました。

 

若い男女が絡み合う

明治時代には現在盛んに行われている、

婚活の場としても利用されていたと言われています。

 

男女が絡み合うので当然の成り行きと言えますが、

度が過ぎて警察の取り締まりの対象になったこともありました。

 

盆踊りに限らずお祭りも同じような側面があります。

 

女性からすると祭りでの男性はカッコ良く見えるそうです

スキー場で女性がかわいく見えるような感じで。

 

これは現代でも通用する法則なので独身の方は上手く活用しましょう。

 

子供も楽しめる

現在の盆踊りは激しい振付けはあまり見かけませんが、

太鼓・鐘・笛などで明るいイメージを残しているのはこの時の名残です

 

静かに霊をお迎えするより、

楽しく明るくお迎えして楽しんでいただくという意味が含まれています。

 

踊りに使用する音楽も明るいものが多く、

子供のための曲なども数多く取り入れられているのが特徴です。

 

輪になって踊ること、輪の中に入って踊ることで、

知らない人の中に居ても楽しい時間を過ごすことができます。

 

大人だけのものじゃないので家族連れでも楽しめますよー

 

小学生以降経験なし

私の場合、小学校の時は夏休みに盆踊りを

踊ることもありましたが、それ以降は全く踊ってないですね。

 

私が住んでる地域では最近あまり見かけないので、

廃れゆく伝統行事と言う感じがするのですが、

あなたの住む地域では開催されてますか?

 

お神輿かついでワッショイは今でも人気がありますが

盆踊りはわりと地味なので、数は減ってるような感じがします

日本独自の文化なので大切にしたいモノですけどね。

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ