ホワイトデーのお返しのプレゼントは?日本発祥の文化



ホワイトデーとは2月14日のバレンタインデーに、

女性からチョコレート等をもらった男性が、

3月14日にそのお返しを贈るイベントとして定着しています。

 

男性が女性に贈るプレゼントとしては以下のモノがあります。

 

・キャンディー

・マシュマロ

・ホワイトチョコレート

・高級ブランドのバック

・高価なジュエリー

・アクセサリー

・スカート、スーツなどの衣類

 

事前に相手女性から欲しいものを聞いておいて、

それをプレゼントするというケースも増えています。

 

キャンディー、マシュマロ、ホワイトチョコはまだしも

ブランド品、アクセサリー類はないですねー

 

ホント男性は搾取され続けてますね(涙)

女性はチョコだけなのに、ブランド品とか…

 

クリスマスでブランド物を買わされ、

ホワイトデーでも買わされる、また誕生日、記念日も…

どんだけお金使わせるんだよって感じです。

 

日本発祥の文化

ホワイトデーは西欧では無く日本で生まれたものです。

 

日本で発展し定着した後に他国がまねて、

韓国や中国、台湾など東アジア諸国の一部でも定着してます。

 

キリスト教徒が少ない日本にあって、

バレンタインデーに付随するイベントとして定着したのは、

企業戦略により商業的な理由があります。

 

国内の菓子業界が、

男性がバレンタインデーのお返しをする日を、

作ってみてはどうかと発案したのが始まりです。

 

昭和40年代にキャンディーやマシュマロを、

女性へのお返しとして贈るというイベントとして、

企業が宣伝販売するようになったのが始まりです。

 

この企業戦略がジャストミートして

我々はバレンタインのドキドキと引き換えに

高額なお返しを要求されるわけです(笑)

 

製菓メーカー以外も追随

徐々にイベントとして定着してくると菓子業界のみならず、

飲料品、アパレル、ホテル、旅行、貴金属業界なども追随、

 

金儲けのチャンスと我先に乗り出します!

 

各々の業界のサービスや商品を、

ホワイトデーのプレゼントとしてはどうかという提案をして、

発展してきた結果として現在に至っているのです。

 

今では菓子以外の商品やサービスを、

女性へ贈る男性が圧倒的になっています。

 

なので製菓メーカーとしては客を取られる形となりました。

 

金儲けの戦略

最近は「●●の日」と言う感じで商品を売るために、

ゴロ合わせで無理やり新しい日付を付ける事が多くなりました。

 

今は失笑ものですが、我々が老人になる事には

ホワイトデーのように習慣化される可能性が高いです。

 

企業も上手い事やるな~と感じる今日この頃です。

 

ちなみにホワイトデーのお返しですけど、

学生レベルならマシュマロ、チョコなどの食べ物でOKです。

 

社会人になるとどうかなーと思いますが、私は普通にお菓子でしたよ。

 

彼女がギャル、お姉系みたいな感じで

お金を使わせて当然みたいなタイプだと違ってくるのでしょうけど…

そう言う人が彼女の人は結婚してから大変でしょうねー

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ