こいのぼりの飾り付けの順番は?鯉の色の移り変わりは?



こいのぼりは端午の節句、5月5日までに家庭の庭先に飾り、

風になびかせるものとして古くから日本ではおなじみです。

 

男の子の健康と出世を願って、

鯉の形に模して作った紙製や布製ののぼりを指します。

 

今回はこいのぼりの飾り付けの順番、鯉の色について説明します。

 

飾り付けの順番

通常は複数ののぼりを風になびかせるわけですが、

ポールの先端から順番に以下の飾り付けで構成されます。

 

・矢車

・吹き流し

・真鯉

・緋鯉

・子鯉

 

上から順番にコレを飾りつけることになっています。

 

何気なく見る事が多いこいのぼりですが、

ちゃんとした意味があるんですよ実は。

 

鯉の色の変化

本来は黒い鯉のみでしたが明治時代から、

真鯉、緋鯉の対であげるようなりました。

 

そして、昭和になると家族を表す象徴になり、

子鯉(青色の濃い)を一緒に添えることが一般化しました。

 

さらに時代がさかのぼると家族に女の子がいると、

小さな赤色の鯉も添えるようになりました。

 

男の子の節句としての意義は薄れていき、

「こどもの日」の一つのイベントとしての、

意味合いが強くなっていきました。

 

その結果、黒や青ばかりでなく緑、オレンジ、

黄色、ピンクなど色鮮やかな鯉をあげることも増えました。

 

子供の日にはイベントが行われて、

川に架かる橋のように多数のこいのぼりを渡します。

 

その時カラフルなこいのぼりが多いのは、

先ほど話した理由によるところが大きいです、その方が見栄えしますからね。

 

少子化の影響は大きい

今現在でもこどもの日が近くなると、

こいのぼりをあげる家庭はありますが、

昔に比べると絶対数はかなり減ってきています。

 

理由として考えられることは、

第一に都市部などで一戸建て住宅が減少したなどの住宅事情の変化が挙げられます。

 

少子化によって子供がいる家庭が減っていることや、

子供がいても準備するのが面倒といった理由で、

こいのぼりをあげない家庭が増えてきています。

 

子供は大切にしよう

マンションだとベランダに飾るのが限界ですし、

男の子がいないからこいのぼりをしないのも分かります、

ただ準備がめんどくさいからしないと言うのは…

 

そうやって子供をないがしろにしてるから、

大きくなった時に親に愛されてないと非行に走ったり、

誰にも愛されてないと自殺したりするんですよ。

 

こいのぼりをたててる友達がいて、

自分の家では上げてない、その時の気持ちを考えてあげてください。

 

まあ私がまさにそうだったんですけどね(笑)

 

非行に走ったり、自殺することはありませんでしたが、

羨ましいなーと言う気持ちがあったのは本音です。

 

このような思いを子供にさせないよう、こいのぼりを上げてあげましょう。

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ