カンヌ国際映画祭の由来と歴史、受賞作品の傾向はコレ!



ベルリン国際映画祭・ヴェネツィア国際映画祭並んで、

世界三大映画祭の1つ、中でも最大の映画祭として有名です。

 

この映画祭ができたきっかけは、

ムッソリーニがヴェネツィア国際映画祭に対抗して、

フランス政府のサポートを受ける形で始めたことだとされています。

 

第1回目の開催は1939年の予定で準備が進められましたが、

ちょうど戦争の最中であったために延期となり、

戦後の1946年が第1回目として開催されました。

 

その後も、カンヌ国際映画祭は開催されていくこととなりますが、

会場設備の問題で1948年と1950年は中止となっています。

 

しかし1951年から現在までは毎年継続的に行われており、

世界の映画関係者が注目する世界最大の国際映画祭となりました。

 

日本ではアカデミー賞が有名ですが、

世界的にはかなり知名度が高いイベントになります。

 

受賞対象作品と傾向

受賞対象となる作品は、

コンペティション部門に出品された作品だけであり、

 

審査員は映画祭事務局によって厳選された、

世界的に著名な映画人や文化人が務めます。

 

ベルリン国際映画祭が社会的なテーマを、

扱った作品が好まれる傾向があるとすれば、

 

カンヌ国際映画祭は芸術の国であるフランスらしく、

芸術的・文学的な趣向の作品が受賞する傾向があります。

 

ようするに高尚な映画が強いってことですねー

 

世界最大と言われる由縁

この映画祭が世界最大といわれる理由は、

映画祭と同時に行われる批評家週間と映画監督週間に、

 

新人監督の作品や世界中の有名映画監督の作品を、

映画関係者に公開していることです。

 

映画祭開催時期になるとカンヌは映画一色となります。

 

洋画が好きなあなたには是非この時期を狙って、

カンヌへ観光に行く事をおススメします。

 

カンヌへの観光

当然この時期を狙って行く人は多いので、

早い段階で予約をしておく必要がありますが、

カンヌが一番盛り上がる時期なので一度は行って欲しいです。

 

カンヌ国際映画祭は毎年5月に行われるので、

早い段階での予約が必要になります。

 

カンヌへの観光自体はJTBでありましたが、

映画祭も含めたツアーは見つけれませんでした。

 

なかなか難しいのかなーと言う気もしますが

興味がある方は一度旅行会社へ問い合わせてみましょう。

 

ツアーがなくても単身で行けばOKなので、

言葉が喋れるなら大丈夫なんですけどね…

いきなり覚えれるモノでもないので厳しいかもです。

 

日本にいながらでも受賞作品は分かるので、

映画好きの方はチェックしておきましょう。

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ