七五三の由来と始まり、写真スタジオアリスの価格は?



かつて武家の社会では三歳には髪置きの祝い、

五歳では男の子が袴着の祝い、七歳では女の子が帯解きの祝いをしていました。

 

この風習の名残もあって三歳、五歳、七歳に、

お祝いをするようになったという説があります。

 

今回はその七五三についての小ネタと

親が気になるスタジオアリスの料金について説明します。

 

何かと神頼み

人間は生まれる前から神様と深くかかわりを持っています。

 

母親の胎内にいるときは安産を願って、

神社でお祓いをしてもらった腹帯をつけます。

 

生まれたらお七夜のお祝い、

お宮参りと常に神様に見守られているのです。

 

神様なんて非科学的と言いますが、

何だかんだで神頼みをする事がおおいですよね。

 

また昔は医療技術が貧弱で、

栄養状態も悪かったため子どもの生存率が悪かったのです。

 

秋の収穫祭の時期に農作物の収穫お礼に神様に奉納し、

子供の成長を感謝して今後の成長をお願いしたことが、

庶民に浸透深くしたのが七五三の始まりと考えられています。

 

千歳飴は神社の儲け?

五歳は男の子だけ、七歳は女の子だけのお参りと言う決まりですが、

忙しい現代ではこのしきたりにこだわらず、

年齢が合えばお参りをする家庭が多くなっています。

 

そしてお祝いに欠かせない紅白の千歳あめは、

特に神社とのかかわり合いはありません。

 

元禄時代の飴屋が考案したもので、

長寿を願って命名された飴です。

 

子供の成長が大変な時代は、

お祝いとして親戚やご近所に配ったとも言われています。

 

スタジオアリスは意外と高い

子供の晴れ姿を写真に残したいと考える親は多く

 

11月が近づくと写真スタジオでは、

着飾った子供たちの撮影が盛んに行われています。

 

晩秋のこの時期の行事のひとつといえば七五三と言われるほど、

神社もお祝いをする家族でにぎわっています。

 

近所の写真屋で撮る人もいますが、

最近業界でも急成長中のスタジオアリスの料金を説明します。

 

スタジオアリスでは七五三で何着着ても0円、

何ポーズ撮影しても撮影料は3150円(クーポンがあれば無料)

 

こう聞いたら安い感じがしますが、

実際そんなに甘くありません、向こうも商売です。

 

撮影料無料クーポンを配ってるので

実質0円と思って行く人がいるんですけど、

ボランティアじゃないのですからそれはないですよね。

 

料金表にカラクリあり

写真の大きさによって価格は違い、料金は以下になります。

 

・全紙 14000円

・半切り 10000円

・四つ切り 6200円

・六つ切り 5100円

・八つ切り 4600円

・キャビネ 3400円

・ハーフキャビネ 1500円

 

一枚当たりの価格になるので、

撮影料をクーポンで無料にしても、

家族分、親戚分を合わせると5万円とかザラです。

 

色々な衣装で何ポーズも撮ると、

アレも良い、コレも良いとなるので、

一通り印刷するだけでも10万超えたりします。

 

だからこそ何着着ても、何ポーズ撮影しても無料なんです、

スタジオアリスもなかなかやりますね。

 

これだけの金額を出せる家庭も少ないので、

アリス貯金と言って、前々から積み立てる人もいます。

 

またおじいちゃん、おばあちゃんが孫のためにと

お金を捻出するケースもありますね。

 

子供は成長が早いので写真を撮るチャンスは一期一会です、

思い出となるものですから計画的に貯金しましょう。

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ