ひなまつりの料理と飾る意味、雛人形が姉妹兼用はダメな理由



ひなまつりは日本における年中行事で、

毎年3月3日の桃の節句に行なわれるお祭りです。

 

節分が終って2月4日(立春)になった頃から、

ひな人形を飾りつけるのが慣わしですが、

遅くても2月24日までに飾りつけを終わらせるというのが一般的です。

 

習慣化されてるのでなぜ飾るのか理由を知らない人がいますが

ひなまつりで雛人形を置くのはちゃんとした理由があります。

 

ひな人形が子供の身代わりとなって、

事故や病気から守ってくれるとされているからです。

 

そして子供が健康で幸せになって成長することを、

祝うために飾るのだという言い伝えがあります。

 

姉妹で兼用するのはダメ

また子供に兄弟姉妹がいる場合は、

一つの雛人形を併用すると言う家庭が多いですよね。

 

しかし災厄を身代りとなるひな人形は面倒でも兼用を避け、

それぞれ別々のものを飾る必要があります。

 

しかし昔と異なって近年では、

住宅事情や行事自体の簡略化という流れもあって、

兼用することもけっして珍しくありません。

 

実際問題お金がないですからね、姉妹別々で買えるほど…

雛段を二人用飾ってる家なんて見た事ないですし。

 

また地域によっては弟や妹の方には市松人形を贈るという習慣もあります。

 

食べる食事の意味

ひなまつりの時には独特な食事を用意する習慣があります。

 

ひなあられやひし餅は有名ですが、

ちらし寿司やハマグリ、サザエなどの巻貝も食べます。

 

ちらし寿司が好まれる理由としては具となるモノに、

おせち料理のおかず同様にゲンを担いでるからです。

 

・エビ 長生き

・レンコン 見通しがきく

・お豆 まめに働ける

 

ちなみにはまぐり、ひなあられ、菱餅にも意味があります。

 

・はまぐり 一人の人と一生添い遂げられるように

・ひなあられ 娘の幸せを1年間願う

 

また菱餅は三色分かれてますよね、あれにも意味があります、

ピンクが魔除け、白が清浄、緑が長寿と健康です。

 

見栄えのためだけにやってるわけじゃないんですねー

 

嫁に行き送れる

またひな人形は節句が終ったら、

すぐ片付けるのが良いと言われています。

 

嫁に行き送れると言うのは有名ですよね。

 

また人形が子供の災厄の身代わりとなるので、

長い間おいておくのは縁起が悪いとされているからです。

 

せっかく飾ったのだからと長く飾ったり

めんどくさいからと片付けをしない人がいますが、

早めにしまうようにしましょうねー

 

飾らない人が増えてきた

最近は金銭的なモノもありますし、

家が狭くなってるので飾るスペースがない、

 

また設置、片付けの手間が掛かるのを嫌がって、

最初からひな人形を飾らない家庭が増えました。

 

飾ってもお雛様とお内裏様くらいで、

五人囃子や笛太鼓のフルセットがある家は少ないです。

 

フルセットになると設置場所もさることながら

かなり高価になりますからねー

 

昔の日本家屋は大きい家が多かったですし、

伝統、習慣を重んじる家庭が多かったので、

 

女の子がいる人は飾るのが当たり前でしたが、

この先消えゆく習慣なのかな~と思います。

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ