春分の日の由来と計算法、年によって日付が違う理由



祝日でもある春分の日ですが、

どういう由来で祝日になったのか分からないですよね。

 

なので私があなたに代わって調べてみました。

 

春分の日とは太陽の中心が天球上の赤道を、

南から北へ横切る瞬間の交点に達して、

昼と夜の長さがほぼ等しくなる日のことをいいます。

 

しかし実際には若干ではありますが昼の方が夜よりも長いです。

 

日本においては春分となるのは例年3月20日頃ですが、

毎年一緒ではなく、年によって微妙に異なっています。

 

しかし、地球が太陽の周りを公転する周期は、

規則的であるため大きなずれはありませんから、

2、3日の差が出るという事はありません。

 

ほとんどが3月20日か3月21日のいずれかに収まることが多く、

実際2000年以降の統計を観てみてもそのいずれかになっています。

 

今度数十年の動向を計算によって調べても変化はありません。

 

ただし2092年から2096年の間は3月19日に、

春分が訪れるという計算結果が出ており、ここ数百年では稀になります。

 

また春分の日は日本においては国民の祝日の1つとして知られています。

 
スポンサードリンク

春分の日が始まったきっかけ

1948年に公布・施行された、

国民の祝日に関する法律に制定され現在に至ります。

 

ただ休日としての位置づけは明治政府の時代からあります。

 

1878年に改正された年中祭日祝日に関する法律によって、

歴代の天皇・皇后・皇親の霊を祭る儀式である、

「春季皇霊祭」として1947年に廃止されるまでは、

この名称で休日とされていました。

 

今では昔のように儀式だとか自然をたたえる日といった、

意識はほとんどなくなってしまい、

 

国民の祝日の1つとして家族や友人らとレジャーなどで、

楽しむことができる日と位置づけられています。

 

まあほとんどの人は祝日の意味を知らないので、

ただ休めるラッキーな日と言うかんじでしょうね。

 

まだまだ寒い

春分の日と言うネーミングから暖かい日をイメージしますが、

3月20日前後と言うことは、まだまだ寒い事が多いです。

 

家族と遊びに行く場合、風邪を引かないように、

暖かい格好をして出かけるようにしましょう。

 

春一番とかもそうですが

ネーミングと現象がマッチしてないことはよくあります。

 

いまさら変えるわけにはいかないのでしょうが、

現在を生きてる人に関係のある事柄なので、

その時の時代に合わせた方が良いんじゃないかなー

このように思う今日この頃です。

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ