父の日の由来、プレゼントの選び方とランキングベスト5



日本をはじめ世界各国で父の日があります。

 

日本では6月の第3日曜日となっていますが、

アメリカやイギリスは6月の第3日曜日です。

 

母の日以上に国ごとのバラつきはありセルビアでは1月6日、

ブルガリアでは12月26日などというように、

一年を通して毎月世界のどこかの国で父の日があるといった具合です。

 

父の日の由来

父の日は1910年6月19日だと伝えられていますが、

公に広く認知されるようになったのは、

1916年にアメリカ合衆国大統領のウィルソンが、

この日を人々に知らしめるために演説を行ったことです。

 

今や発祥の地であるアメリカはもちろんですが、

日本を含めて多くの国々でも父親に対して、

日頃の感謝を言葉や行動で伝える日として様々な習慣となって広まっています。

 

母の日にはカーネーションを贈るのが慣習ですが、

父の日はバラを贈るのが昔からの伝統的な慣わしです。

 
スポンサードリンク

プレゼントが一般的

母の日と同じように花だけではなく、

一緒に何か物品をプレゼントすることも一般的になっています。

 

6月になると大手百貨店やデパートなどでは、

ギフト用に様々な商品が売られます。

 

小売業界においては今や売り上げを伸ばすことができる、

大切なイベントの一つとして重要視されています。

 

多くの人はそのような宣伝などに目を引かれ、

「お父さん」のために年に一度の親孝行と言わんばかりに、

お酒や珍味などの嗜好品や洋服などをプレゼントするのが風習です。

 

ニーズに合わせたプレゼント選び

プレゼントの選び方ですが、

お父さんの趣味、嗜好品が分かるなら、

そのニーズに合わせたものを贈った方が良いです。

 

人気ランキングは以下のようになります。

 

1位 ネクタイ

2位 腕時計

3位 財布

4位 食事へ連れて行く

5位 ベルト

 

お酒の名前入りのボトルなど売ってますが、

あれは販売促進のためのワナですね。

 

最近の若いパパはお酒を飲まない人も多いですし、

ニーズに合ってるとは言い難いです。

 

しかしネクタイ、ベルトならまだしも、

腕時計、財布を父の日に送るのは奮発しすぎでしょう。

 

そりゃまあ欲しいかもしれませんが高過ぎます、

だから手頃感のあるお酒に落ち着くのでしょう。

 

スーツ系も父親の仕事によっては不要ですから、

職業、値段、思い出などを考えると、

食事に連れて行くのがベストな選択になります。

 

子供と一緒に食事に行くと言うのは嬉しいものです、

価格的にも抑えれますし、思い出も作れるのでグッドですね。

 

これが万国共通に喜ばれるプレゼントだと感じます、

ちょっと照れくさいですが食事に誘ってみてはいかがでしょうか。

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ