天皇陛下の年間の公務は膨大で忙しい、税金泥棒ではない



天皇陛下は天皇家のトップです。

 

現在では日本の象徴、

日本国民の象徴であると日本国憲法で定められています。

 

「天皇陛下は何をしてるの?」と、

思う人もいるでしょうが実は大忙しなのです。

 

何もしなくて税金で良い暮らしが出来て羨ましいとか言ってるあなた

この記事を読んでしっかりと勉強してくださいね。

 

暇そうだけど実は忙しい

皇居をお住まいとして生活なさっているわけですが、

実は日本一多忙であることはあまり知られていません。

 

具体的には憲法によって定められた、

国事に関わる御公務をなさいます。

 

内閣総理大臣、最高裁判所長官の任命を行い、

国務大臣や官吏の任命承認も行います。

 

国会を召集するのも天皇陛下のお仕事で、

開会式には毎回ご出席されることになっているのです。

 

憲法や条約の交付もお仕事になっており、

その他、閣議決定の書類への署名・捺印も大切なお仕事です。

 

署名・捺印だけでも年間1000件ほどの書類があります。

 

暇そうに見せてるだけ

マスコミで報道される天皇陛下のご様子は、

新年の一般参賀、お茶会、晩さん会、園遊会、

ご静養先の様子など社交的な場面が多いのです。

 

しかしその合間にも多くのお仕事をなさっているのです。

 

国賓、地方や外国からのお客様などに、

謁見される回数も人数も回数も非常に多いです。

 

たとえば外国の大使の着任・離任の際には、

おひとりおひとりにお会いになって、

ご挨拶やお言葉をかけられます。

 

逆に日本から外国に赴任される大使についても、

赴任前・帰朝後にお会いになっています。

 

また、古くからの天皇家に伝わる、

伝統儀式を忠実に守られて継承するのも大切なお仕事です。

 

そして、御公務の合間を縫って、

災害などで被災した地があればお心を痛め、

お見舞いに訪問なさっているのです。

 

天皇陛下の苦悩

天皇陛下と言っても何をしてるのか分からない、

何もしなくても天皇家に生まれただけで、

国民の税金で一生安泰だから羨ましい。

 

このように思ったこと事がある人も多いでしょう、

しかし先ほど話した通り公務の量は膨大です。

 

また生まれた時すでに自分の人生が決まっており、

それ以外の選択肢が取れないと言うのは辛いと思いますね。

 

学生の頃、親が寿司職人の人がいて

親の仕事は継ぎたくないと言ってました。

 

このような家庭環境の人はいますが、

天皇家だと選択の余地がないですから

やりたくないから、やらないは通用しないので。

 

何もしないで良い暮らしが出来る税金泥棒とか言ってる人もいますが

公務についてしっかりと学んだので、もう大丈夫ですね^^

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ