地震速報の通報の仕組みと気象庁の迷い、地震国日本の技術は世界一



地震が発生するとテレビの画面に速報がテロップ表示されます。

 

これが緊急地震速報、また大きな地震が予知されると、

揺れが発生する前に注意を喚起する情報が流されます。

 

速報は地震警報システムが感知した情報を、

気象庁が手動で発信しています。

 

手動って言うのがミソなんですよね、

誤作動はシャレにならないのと、最終判断は人がやるって事でしょうけど。

 

このシステムは、地震が起こった後に、

震源や地震の分布を迅速に解析して通報する役割を持っています。

 

最近は誤報で文句を言って来るクレーマーがいるせいで、

気象庁の人が発信するべきか否か迷い、

結果的に被害が広がる事が増えています。

 

言って外れたら文句を言うし、

言わずに当たっていても文句を言う、

「どうせいっちゅうねん!」って感じでしょうね。

 

地震速報の目的

目的は、迅速な情報の発信によって国民はもちろん、

防災関係者、電気・ガス・水道などのライフライン、

通信、交通、報道、などにかかわる各所が防災対策に役立てることです。

 

地震による被害を最小限に抑えるため、

安全管理システムとして大きな働きをしています。

 

このようなシステムは地震国日本ならではのもので、

これほど精巧なシステムは他国には類がありません。

 

揺れを感じて数秒で地震速報が発信されたり、

大規模地震を直前予測できるのは地震国ならではなのです。

 

「日本の技術は世界一!」ってジョジョの2部で言ってましたよね(笑)

 

震源キャッチの仕組み

速報として情報を発信するためには、

震源に元も近い観測点で地震波をとらえてから、

震源やマグニチュードの推定などの予測を開始します。

 

解析のためには時間もデータ数にも限界がありますので、

第1回目の速報は精度が低くなりがちです。

 

しかし、その後複数の観測点からデータを収集することで、

精度の高い情報を発信できるようになります。

 

だから一発目で外れたからってクレームを入れないように

そう言う人のせいで躊躇して、当たりの時に速報が出なかったらダメですから。

 

二種類ある地震速報

実は地震速報には高度利用者向けと一般向けがあります。

 

高度利用者向けは1つの観測点のデータから、

複数回の情報を発信するのですが、

 

一般向けの場合には、

複数地点で観測したデータを基にしたデータを発信しています。

 

政府高官、権力者には速報が行って、

一般人には速報が行かない、このような事はないのでご安心を。

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ