リーマン・ショックの原因、サブプライムローンについて説明



リーマン・ショックとは、

アメリカのリーマン・ブラザーズという投資銀行が、

破綻をしたことが発端となっておこった世界同時不況です。

 

この銀行の名前を取ってリーマンショックと名付けられたわけです。

 

かなり大きな出来事なので、社会の教科書にずっと載るでしょう

実際コレにより日本経済は低迷しましたから。

 

世界恐慌がおきた原因

歴史的な大事件とも言える世界恐慌が起きた原因は

サブプライムローンによる大規模な損失です。

 

これはアメリカの住宅ローンのひとつでリスクの高いものだったのです。

 

アメリカにおける住宅バブルの崩壊によって、

ローンの焦げ付きが大量に発生したことで、

金融商品の価格が暴落してしまったのです。

 

またアメリカ政府の公的資金の投入が、

見送られたことも手伝って結局破綻するしかなかったのです。

 

そしてひとつの投資銀行の破たんは、

世界的な金融危機拡大の引き金となったのです。

 

ようするに不安が広がったようなイメージですね。

 

日本の景気も悪化

日本では以前から不況が長引いていたこともあり、

サブプライムローン関連債権に投資をしていた金融機関はほとんどなく、

大きな影響を受けることはないと考えられていました。

 

しかし金融危機の余波が世界的に及ぶにつれて、

日本でも徐々に影響を受ける事になります。

 

たとえば日経平均株価が大暴落して、

1万円を大きく割り込むという大幅な下落をこしました。

 

またドルが急激に安くなったことで円高も加速しました。

 

円高は輸出産業に大きなダメージを与えることとなり、

日本経済は景気後退の道を歩むことになるのです。

 

実際、会社の仕事がなくなって暇になった記憶がありますし

これが原因で倒産した会社もたくさんありますよね。

 

景気回復はまだまだ先

リーマン・ショックによって震源地のアメリカでは失業率が悪化、

ユーロ圏でも欧州債権問題、ギリシャの破たん危機の引き金となっています。

 

アメリカでは経済が回復の兆しを見せていますが、

世界各地へ飛び火をしたリーマン・ショックの火の粉はまだくすぶっています。

 

北京五輪、中国バブルの影響で日本も景気が良く、

企業のボーナスも右肩上がりでした、

ここに来て一気にガクッと来ましたね。

 

2013年の冬のボーナスでやっと回復基調になりましたが、

それでも景気が良くなった実感はないです。

 

自民党に代わってアベノミクスで上向きになったものの

完全復活とは言えないのが現状です。

 

会社の収益は伸びてますけど給料には反映されないので

家計にまでは届いてないと言う感じですね。

 

サブプライムローンによる影響は大きかったですが

これから少しでも景気がよくなることを祈って頑張りましょう!



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ