村上春樹のデビュー作、作品の特徴と表現方法は?ノーベル文学賞に王手



村上春樹はノーベル文学書に最も近い日本の小説家と言われています。

 

ノーベル文学賞は未だに取れてないのですが、

2006年はアジア圏の作家初のランツ・カフカ賞を受賞

 

素晴らしい実績もさることながら、

アメリカ文学にも造詣が深く翻訳も手がけています。

 

デビュー作は風邪の歌を聴け

小説家としてのデビューは群像という、

月刊誌に掲載された『風の歌を聴け』でした。

 

純日本的なウェットな文体ではなく、

アメリカ文学の味わいがある都会的な風合いのある文体が人気となりました。

 

ちなみに同時期の作家には村上龍氏がいます、

ぶっちゃけこの人は誰だか知りませんけどね(笑)

ファンの人はごめんなさい。

 

理解不能

村上春樹の作品の特徴は、

全てが同様の風合いではないということです。

 

都会的なしゃれた文体の作品群の他に、

紀行文、ノンフィクションも手掛けています。

 

作品には映画化もされた「ノルウェイの森」をはじめ、

「羊をめぐる冒険」、「ねじまき鳥クロニクル」、

「1Q84」など多くの作品があります。

 

熱烈な愛読者が多くいる反面、

内容を理解できないという読者もいます。

 

まあ普段本を読まない人にはハードルが高いのかもです、

携帯小説みたいな浅いものしか読んだ事がない人には…

 

角度を変えるのが特徴

実は、村上春樹作品の多くは都会に住む人たちの生活を、

いろいろな角度から描いているのが特徴で、

内容はとても一般的などこにでもあるような些末な事柄です。

 

彼の文章表現の方法によって、

非日常の世界のように見えているにすぎないのです。

 

この辺りは表現力の違いですね、

なんでもない事を斬新な表現で伝えることが出来る、流石ですね。

 

翻訳もしてる

小説の執筆活動の他に、翻訳活動も積極的に行っています。

 

特に華麗なるギッャツビーの作者フィッツジェラルド、

アメリカの中流家庭の悲哀を描いたレイモンド・カーヴァーの全集、

レイモンド・チャンドラーの長編作品などを手掛けています。

 

それぞれアメリカの中の風景や人を描いて一時代を築いた作家です。

 

作家として活動するだけでなく

翻訳も手がけるマルチプレーヤー、それが村上春樹です。

 

最近は作風が変わっており、

初めの頃は作家としてプライドを持って活動し、

近年は映画化などを視野にいれた作品を作ってます。

 

なのでコアなファンは初めの頃が良くて、

今は受け入れられないと言います。

 

逆に映画などから入った人は初期の作品には

付いて行けないと言う人が多いです。

 

まだ読んだ事がない人は、キャリア初期~中盤にかけての1冊、

中盤から現在にいたるまでの1冊を読めば、

自分にはどちらの作風があうか判断することが出来ます。

 

村上春樹は知名度が高く読んでる人も多いので会話が弾みます、

話しのタネになるので一度は読んでおきましょう。

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ