武豊の身長と体重、親と弟も騎手のサラブレッド、挫折から復活までの軌跡



競馬がわからない人でも武豊と聞けば、

スレンダーで柔和な顔を浮かべる人は多いでしょう、職業は競馬の騎手です。

 

騎手になるには養成学校に入らなければなりませんが、

女性が宝塚歌劇団に入団するほどの倍率の高さです。

 

難関を突破したとしても、入学後の訓練の厳しさから、

無事に卒業まで残ることは大変難しいとも言われています。

 

特に体重管理が最も過酷で、食べ盛りの男の子が、

食欲を抑えて体重の管理をすることは並大抵ではありません。

 

前にテレビで競馬学校の様子を見た事がありますが、

毎日体重計に乗って測定するんですよ…

それで体重を落とす為に風呂に長時間浸かったりするんです、あれは壮絶でしたね。

 

身長は意外と高い

武豊騎手は身長が170cm強あり、小柄な騎手のなかでは珍しく長身です。

 

身長が小さければ体重も軽くなります、

競艇選手もそうですがこの手の職業は、

身長が低い方が有利になるケースが多いです。

 

不利な身長にも関わらず体重は51㎏をキープ。

 

その秘訣は本人の努力もさることながら、

体質にも恵まれたためのようで、

本人曰くあまり減量には苦労していないとのことです。

 

食べても太らないって人はいますよね、ホント羨ましい限りです。

 

親子2代のサラブレッド

父親は同じ騎手として活躍した武邦彦氏ですし、

弟も騎手、親族にも競馬関係者が多くいることから、

生まれながらにして競馬関係の仕事に就くのが運命だったのです。

 

政治家もそうですが、騎手、競艇選手、競輪選手など

公益ギャンブルは親子2世代が多いです。

 

やはり特殊な世界なので、普通はやろうと思わないですよねー

 

栄光と挫折

騎手としてデビューしたのは、1987年に栗東競馬場でした。

 

この当時、新人としては年間最多勝の69勝をあげ記録を残しました。

勝利数は圧倒的で、デビュー後3500勝を突破したのは、

JRAのジョッキーの中で歴代1位となっています。

 

また、日本ダービーでの通算5勝も歴代最多勝利として記録になっています。

 

このことからメディアにも大きく取り上げられ

競馬に興味がない人でも武豊は知ってる人が多いです。

 

スーパージョッキーとの異名そのままに勝利数を重ねていましたが、

大けがをしてからは勝利数ががっくりと落ち込み、

しばらくは低迷を続けていました。

 

「武豊は終わった…」だれもがそう思いました。

 

しかしケガからの完全復調後は12年マイルCSで勝利しています。

再びスーパージョッキー武豊が戻ってきたのです。

 

見てる方としては他人事ですが、本人は相当きつかったでしょうね、

「あのケガがなければ…」と後悔することも多かったとか。

 

武豊のV字回復は競馬ファンとしては嬉しいですよね、

騎手はある程度年齢がいっても続けられるので、

今後も勝利数を伸ばして、誰も破れない記録を作って欲しいです。

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ