暑中見舞い、残暑見舞いのはがきを出す時期、書き方とマナーは?



夏になると相手の健康や近況を確かめ合う、

暑中見舞い、残暑見舞いのはがきを出します。

 

しかしワンシーズンではがきを2枚も出す必要があるか、

正確には何日頃に出せばいいのか悩んでいる方も多いです。

 

そこで、これらのはがきの違いやマナーを知っておき、

相手に失礼のないようお見舞いの挨拶を行いましょう。

 

 出す時期はココ!

暑中とは「二十四節気」の小暑(7月7日)~立秋前日(8月7日)、

残暑とは立秋(8月8日)~白露前日(9月8日)までを指します。

 

元来は一番暑い時期に相手の健康を気遣う意味ではがきを出していましたが、

現代では引っ越しや結婚のお知らせまで、近況を報告するようになりました。

 

はがきに書く内容は、相手の健康を気遣ったもの、

喜ばしい報告であれば特に決まりはないので、

そうかたくなる必要はありません。

 

まあ自分より目上の人に出す場合はどうしても筆に力が入りますけどね。

 

書き方のマナー

暑中見舞いや残暑見舞いのはがきの書き方にはマナーが存在します。

 

1.句読点があってはならない

 

相手に敬意を示すものや、慶事などの喜ばしい報告を行うときには、

「区切りをつけない」意味を込めて句読点を使用しません。

 

厳密に守ったことで読みやすさに欠けてしまうのもまた問題なので、

句読点よりは文章に問題がないかを重要視する方が大切です。

 

 

2.敬具などの結語は使用しないこと

 

「残暑見舞い申し上げます」などの書き出しになるので、

頭語がないはがきには結語も必要としないのです。

 

この2点は暑中見舞い、残暑見舞いのマナーとされてますので、

キッチリと書き方を押さえて出すようにしたいものです。

 

知らない人が多いけど…

そう言っても普通の人は知らない方が多いんですけどね。

 

知らない人が多いので指摘をされることは少ないですが、

先方が詳しい人だったら、マイナスになる可能性があります。

 

せっかく出すのに悪い印象を持たれるのは勿体ないです。

 

本当に健康を確かめるために暑中見舞いを出すと言うよりは、

どちらかと言うとポイント稼ぎみたいなもんですからね。

 

わざわざ出したのに先方に評価を下げられてしまっては

何のために出したのか分かりません。

 

特に1の句読点については、よほど意識して書かないと、

いつもの癖でつけてしまうこと必死です。

 

うっかり八兵衛にならないように気を付けないとですね、

実際、私もこのミスをしたことがありますので。

 

これらのマナーを守って、正しい残暑見舞いの書き方を心がけましょう。

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ