藤子・F・不二雄作品(ドラえもん、キテレツ大百科、パーマン)の特徴と魅力



藤子・F・不二雄さんはドラえもん、キテレツ大百科、パーマンなどの、

有名漫画を世に知らせた漫画家で、2013年に生誕80周年を迎えました。

 

日本人だったらどれもなじみ深い作品ですし、

ドラえもんなどは世界的にも人気です。

 

今回は色々な人気作品を世に送り出した藤子・F・不二雄氏の

作品の特徴と魅力について今回は説明します。

 

記念展が行われる

このたび東京タワーで藤子・F・不二雄の記念展が行われました。

 

その名も『藤子・F・不二雄展』

 

そのまんまですね(笑)

 

日本初となる室内型の4Dプロジェクションマッピング、

「SF(すこしふしぎ)シアター」や、

 

作品の中の人物として撮影できる「なりきりキャラひろば」などの、

アトラクションがタワー全体に設置されており、

子供はもちろん大人でも楽しめる展示となっています。

 

作品の大きな特徴

藤子・F・不二雄の作品の大きな特徴は非日常です。

 

非現実のロボットやお化け、

非日常な生活を主体としているところです。

 

彼にとってSFとはサイエンスフィクションではなくて、

「S=少し F=不思議な物語」として定義され、

日常に少し奇妙で滑稽な世界を意識して作品を制作しています。

 

コンセプトがほかの人と大きく異なるからこその

独特な世界観と言えるわけですね。

 

また、もう一つの特徴としては、

「今まで描かれていた描写はすべて夢物語であったこと」です。

 

この発想は大胆かつ近年の閑散とした世の中の裏を、

的確についた斬新な作品であると言えます。

 

人を惹きつける魅力

なぜ彼の作品はここまで人を惹きつける魅力があるのか?

 

それは“既存概念を集めて新しいものをつくり出す”と言う、

セオリーがあったからではないかと言われています。

 

彼の経験や知識、そして優れた発想が新しいものを生み出す素材となり、

バラエティに富んだ作品が作り上げられたのでしょう。

 

そしてストーリーの裏側にある「訴え」により、

子供だけではなく大人の心にも響くような作品は、

今でも多くの人々に愛されています。

 

こう言った訴えは考えてみてなくても

無意識的に自分の中に入って来るものなんですよ。

 

裏に隠されたメッセージ性

まあ何だかんだ言っても、

考えさせられる内容だったりしますからね。

 

1話完結モノが多いですが、

その話で制作者が伝えたいテーマがあるので、

この辺りに注目してお子様と一緒に見ると楽しいです。

 

こう言うのをメッセージ性とか言います、

テレビCMとかでも注意深く見ると分かりますよ。

 

藤子・F・不二雄は他の漫画家と違って

ものすごく練り込まれてるから人気なんでしょうね。

 

親子2世代、3世代で楽しめる作品は少ないので、

ドラえもんはこれからもずっと続いて行って欲しいです。

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ