ファミ通クロスレビューの最高点は?最低点は?評価の裏事情



ファミ通クロスレビューの最高得点を参考にして

実際にゲ ームを買ってみたらつまらなかった!

など不信感を募らせている人が多くいます。

 

クロスレビューとは週刊ファミ通というゲーム雑誌内で

発 売直前のゲームソフトに点数をつけるというコーナー企画で

その点数は1~10点の10段階評価されています。

 

この点数 を見ながらゲームを購入する参考にしている人達が多 いです。

 

そんなクロスレビューですが実際の最高得点や最低得点を

例を取り上げながら見てみたいと思います。

 

高得点・低得点ソフトの例

最初は最高得点のソフトをご紹介します。

 

2013年 ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル、 グランド・セフト・オートV

2012年 新・光神話パルテナの鏡、龍が如く5、夢叶えし者

 

2011年 ファイナルファンタジーXIII-2、The Elder Scrolls V: Skyrim、

ゼルダの伝説 スカイウォードソード

 

2010年 ポケットモンスターブラック・ホワイト、メタルギアソリッドPeace Walker

 

最低点のソフト

修羅の門  12点

CR大工の源さんGB 12点

プロゴルファー猿 12点

 

修羅の門のクソゲーっぷりは有名ですよね(笑)

あれはマジでひどかったですからねー

 

時代によって評価基準が変わっていた?

レビュアーは4人いるんですけど

みんなが似たような感じで点 数をつけている様子がうかがえます。

 

そして週10本以上 のソフトをレビューしているため

プレイ時間もかなり限定 されているのが現状です。

 

このためファーストインプレッショ ンに近い感想になりがちです。

 

それとは逆に過去には個性的な感性を持っている

レビュ アーの方々が多く存在したようです。

 

どんなに素晴らしい ゲームであっても自分の好みで

レビューを述べていた時代 もあったようですよ。

 

評価の裏事情

お金で評価を買われているという話が過去に噂されましたが

そのことについては元ファミ通編集者の方が

「絶対にお金 で点数を上げることはありません」と語っています。

 

そして編集者も人の子ですから接待をされたりした場合な どに

点数に影響がないとは言い切れないと前置きしたうえで

クロスレビューの点数や評価のために金銭や対価などを受け 取ったり、

渡したりすることは決してなかったと付け加えて います。

 

ファミ通のクロスレビュアーには、モラルと誇りがちゃんと ありますとのこと。

 

セガ社員がファミ通大批判したり一部のユーザーとの考えが

大幅に違いすぎるようなレビューが出てきたりと、

何かと話 が絶えないファミ通のクロスレビューレビューですが

なくなっちゃうと困るのでこれからも続いて欲しいです。



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ