アヘン、ヘロインの依存性と禁断症状、違法麻薬はダメ!絶対!



時代劇で密輸品としてアヘンが登場することがあります。

 

かつて中国が清の時代にイギリスとの間で、

アヘンの密輸が原因でいわゆるアヘン戦争が起こっています。

 

アヘンはヘロインの元となるもので、

ケシからとれるアヘンを精製してつくられたものです。

 

鎮静効果が強いことからモルヒネの原料でもあります。

 

末期のガン患者などの鎮静剤として使用されることがありますが、

習慣性が強く慢性的に使用すると量を増やさなければ

効力を感じなくなってしまうという特徴があります、

中毒性が高いのでとっても怖い麻薬なんですよ…

 

一度使ったら最後

ヘロインは依存性の強い薬物で日本では規制薬物となっています。

 

医療分野でも積極的に使用するという類のものではなく、

まして一般人が入手して使用することは許されるものではありません。

 

何より毒性が強いので一度でも体験してしまうと、

強烈な禁断症状から逃れるために、

使い続けるしかなくなると言われています。

 

他の麻薬中毒と異なる点は、

禁断症状で肉体的に痛みや悪寒などの強烈な痛みを伴うのです。

 

最終的には精神に異常をきたし、通常の生活を送ることができなくなります。

 

タバコと同じで最初の1回目を許してしまうと

そのままズルズルと行ってしまうんですよ…

当然こちらの方が中毒性、健康への悪影響があるので危険です。

 

 

スポンサードリンク

 

エイズの温床になっている

またヘロインは溶液にして体内に注入した時に、

最も強力な毒性を得ることができます。

 

そのため多くの場合注射器を用いて摂取しますが、

中毒患者間では注射器の使いまわをして使用することが多く、

このことがHIVの蔓延の原因の一つとして社会問題になっています。

 

麻薬を使うこと自体ダメですが、

それがエイズの温床となっているとなるとなおさらダメですね。

 

どんなことあっても興味本位で使用するものではありません、

たった一度の間違いで人間を辞めなくてはならない事態になるのです。

 

麻薬はダメ!絶対

学校で麻薬の危険性を口酸っぱく指導されてるにも関わらず、

誘惑に負けて使ってしまう事が多いのはなぜでしょう?

 

私には理解できませんが、

ダメだと言われたら使いたくなると言う所でしょうか…

 

あとは友人、恋人に使ってる人がいて勧められるケースですね、

タバコは悪友による勧誘による影響が大半を占めますので。

 

ただ麻薬を勧めるような人は、友人でも恋人でもありません、

キッパリと断って、関係を清算した方がよいです。

 

子供の頃からの友人でもダメです、そんな人とは縁を切りましょう。

 

あなたは使わないようにしてくださいね、

一度使ったら最後、中毒症状に悩まされて

一生を棒に振ってしまいますので。

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ