アイスコーヒーの作り方とレシピ(インスタント編)



暑い夏にキンキンに冷えたアイスコーヒー美味しいですよね

私は朝起きたらまずコーヒーを飲まないと1日が始まらないんです!

 

冬はホット、夏はアイスコーヒーですが、

インスタントでアイスコーヒーを作るとうまくいかない…

 

濃かったり、薄かったりしてこれだ!という味にならないんです・・

そこでインスタントでも美味しいアイスコーヒーを作る方法はないのか調べました。

 

毎回1回ずつ作っていたんだけど、

調べてみると作り置きができる方法を発見!

1日に何倍も飲む人は凄く便利なのでオススメです。

 

ぜひこの機会に覚えてかえってくださいねヽ(・∀・)ノ

 

作り置きアイスコーヒーの作り方とレシピ

それでは1リットル分を作り置きする時の方法を紹介します。

 

・インスタントコーヒー 10g

・砂糖(上白糖でOK) 50g

・沸騰させたお湯 1L

・耐熱性の麦茶入れ

・保存に空ペットボトル

 

1.耐熱ボトルにインスタントコーヒー、砂糖を入れます。

 

2.沸騰させた1リットルのお湯をボトルに1/5くらい入れて

ボトルごと振り混ぜてコーヒーと砂糖をよく溶かします。

 

3.残りのお湯を全部入れ覚めるのを待ちましょう。

完全に冷えたら保存するためのペットボトルに入れて

冷蔵庫に入れておけば飲みたい時にいつでも飲めて便利です。

 

甘さの調節も可能

甘さ的にはコーヒー10gに対し、

砂糖50gで普通、砂糖60gで甘い感じに仕上がります。

 

この方法、早速我が家でも使わせていただきます。

私も旦那もコーヒー好きで缶コーヒーをよく買って飲んでいます。

 

この方法を知ってしまうと自販機やコンビニで

アイスコーヒーを買うのが勿体無いですね!

 

カフェオレ風にした場合は牛乳を多めに入れればいいし、

砂糖がもう入っているのでシロップは買わなくて済むので

クリープだけ用意しておけばOKですね。

 

美味しくて節約にもなるなら家計は助かります。

 

コーヒーのメーカーは好みのものでOK、

うちはゴールドブレンドを飲んでます。

 

もっと簡単に作る方法はないの?

作り置きもいいけど、飲みたい時にサッと作る方法もあります。

 

「ネスカフェエクセラ」は水で溶けるのでお湯で 溶かして、

水や牛乳を入れて混ぜて~の作業が不要、以下に作り方を紹介しますね。

 

 

1. 水150mLにネスカフェエクセラ約2g(スプーン約2杯分)を入れる。

2. 氷を2~3個入れる

 

めちゃくちゃ簡単ですが、これだけでいいんです!

 

カフェオレにしたい人はコーヒーの量を約3グラムにしてください

ちょっと濃い目にする事で美味しいカフェオレになります。

 

インスタントでも美味しいアイスコーヒーを

作る方法を紹介しましたが いかがだったでしょうか?

 

毎日何倍も飲む人は作り置きタイプが断然お得ですし楽ですし

すぐにサッと飲みたい人はネスレから出ているネスカフェエクセラがオススメ!

 

水でサッと溶けるところがいいですね^^

ぜひコーヒー好きな人は参考にしてみてください~

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ