DIYで庭造りをする時の4つのポイント、計画?下準備?



自分好みの心地よい空間でゆっくりと癒されたい

休日は庭でゆっくりと過ごしてみたい。

 

せっかくだから家族がみんなで憩えるようなお庭を 作ってみよう!

 

「よし、お庭を作ろう!」と思い立ったあなたへ

DIYで庭を作るための参考になるお話をご紹介します。

 

レイアウトの重要性

植物などは一度植え付ければ根が張りるので置き場所を変える時は、

張った根をはがして移動することになるのでレイアウトは慎重に決めましょう。

 

庭づくりの行程 レイアウトを慎重に決めるためには

しっかりと行程を 組んでいかなければなりません。

 

せっかくDIYでお庭を作るんですから

しっかりとした手順 を踏みながら良いものを作りたいですね。

 

作業の流れ

DIYで庭造りをすると言ってもいきなりは出来ないので、

事前計画、下準備をキッチリとやりましょう。

 

1.どのようにしたいかイメージをまとめる

2.庭を作る場所の条件や現状を調べる

3.完成予定の配置図を作る

4.作業に必要な材料を用意して作業開始

 

作業の流れはわかったけど庭のイメージを

具体的に考える ことができないなぁ~と迷ったりした場合は、

庭の写真が掲載して あるガーデニングの雑誌が参考にな ります

 

とはいっても雑誌があれば苦労しないでしょうから

無料動画を貼っておきますねー

DIYで庭造りの動画

 

具体的な流れ

それでは1~4までの作業について、それぞれ説明していきます。

 

1.どのようにしたいかイメージをまとめる

自分だけで考えていては、庭のイメージも独りよがり になってしまいます。

 

ここでは家族を巻き込んで 意見やアイディアを集めましょう

そして家族がみんなで憩えるような庭のイメージを 作っていきましょう。

 

2.庭を作る場所の条件や現状を調べる まずは、

庭を作る予定の場所をじっくり観察しましょう。

 

広さの計測や植栽できる位置の確認をしながら平面図を 書いてみましょう

平面図を書くときは方眼紙などを利用するときれいに 書く事ができます。

 

そして、元々植栽されている場所や構造物がある時は、

それぞれの寸法を計測して平面図に記載しておきます。

 

できれば方向や場所によっての日当たりの有無

土壌の状態 なども書き込んでおくとベストです。

 

3.完成予定の配置図を作る イメージをまとめて

条件や現状を調べたらそれぞれの内容を平面図に書き込んでいきましょう。

 

例えば木を植える位置や花壇の場所などを書いていきます

庭から出入りするためのアプローチも記入しておくのもいいですね!

 

4.配置図が完成したら作業に必要な道具や材料を準備します。

 

上手な段取り方法として一つの行程ごとに必要な道具や材料 を揃えていくと

ゴチャゴチャにならずに作業がスムーズに進みます。

 

例えば花壇作りと木を植える作業を行う場合、

最初に花壇を作る ための道具や材料を揃え、

花壇が完成したら次の木を 植えるための道具や材料を揃えます。

 

一度にすべての道具や材料を揃えしまうと

置き場所の確保や作業 スペースも確保できなくなってしまいます。

 

そして作業の順番を 決めることによって

迷わずミスを防ぎ作業を進めていくことがで きます。

 

必ず道具や材料は作業する範囲の分だけその都度揃 えていきましょう。

 

これから自分の庭づくりのためにコツコツと作業を頑張っていく わけですが、

その作業の楽しさもDIYで庭を作る時にしか味わえない醍醐味でもあります。

じっくりコツコツと楽しんでいきましょうね!

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ