カフェイン依存性とは、症状でチェック!1日の摂取量は●●



 

私は朝起きたら絶対にコーヒーを飲まないと1日が始まらないのですが、

飲み過ぎるとカフェイン依存症という怖い病気になってしまう可能性があります。

 

カフェインは取りすぎると良くないってのは知っていましたが

依存症になるなんて知りませんでした><

 

寝る前にコーヒーなどのカフェインを含むモノを 摂取すると眠れなくなると言いますよね?

 

これも人それぞれで、飲んでもスっと眠れる人もいるんですよね~

じゃあ、迷信じゃないの?って思っちゃうんですが、

取りすぎは本当に良くないって事は実証されている事なんです。

 

ギャー! 聞きたくないって耳をふさぐ前にしっかり理解しないとです、

そこで今日はカフェイン依存症についてお話を進めていきたいと思います。

 

もし、あなたがコーヒーを1日に何杯も飲んでるなら…カフェイン依存症かも(ビシ

 

疲れるとカフェインを摂取したくなるのは何故?

人間の脳内にある「アデノシン」と「アデノシン受容体」と呼ばれる

2つの物質がくっつく事で、人は「疲労」を感じます。

 

しかし、カフェインを摂取すると、

血液に乗って脳内に入ったカフェインが アデノシン受容体と結びつき、

アデノシンが受容体と結合できなくなるために、 人は疲れを感じにくくなるんですね。

 

コーヒーを飲むと、眠気が覚めて体がスッキリとしたと感じるのはこのためです。

 

ただ、カフェインの摂取を繰り返すうちに、

ちょっとのカフェインでは 脳への働きが鈍くなってきてしまいます。

 

これによって人はもっともっと疲労を感じてしまいます。

で、それを解消しようとカフェインの量がだんだんと増えてしまうんです。

 

これが「カフェイン依存症」に陥るという事です。

 

カフェイン依存症チェックをしてみよう!

カフェインを摂取しないと調子が悪くなる・・ 一日に何杯も飲んでしまう・・

という人は、カフェイン依存症の可能性があるかもしれませんよ!

 

特に、カフェインを摂取しないと次のような症状が出るという人は要注意(´Д`;)

 

○頭痛が起こる

○体がだるい

○頭がぼんやりする

○不安になったり気分が落ち込んだりする

○嘔吐が起こる

○集中力がなくなる

○眠気がすごい

 

このような症状が起こる人は依存症になっている可能性があるかもしれません。

 

と言っても、上記の症状があるからといって必ずしも

カフェイン依存症とは 限りませんのであまり神経質にならないようにしてくださいね。

 

 適切な摂取量

ただ、この様な症状がある人はカフェインの量を調節したり 飲む頻度を減らしたりしてください

健康な人でも1日にコーヒーは5杯まで!と言われています。

 

カフェインの摂取量は1日に400mg以下にする事が推奨されています。

これは140mlのコーヒーカップで5~6杯程度に値します。

 

意外とたくさん飲めるやん~って思ったかもしれませんが、

カフェインはコーヒーだけじゃないですよ!

 

紅茶やウーロン茶などの他の飲み物にもカフェインは入っています

チョコレートなどの食品にも入っています。

 

妊娠中はノンカフェインコーヒー

朝・昼・夕食後に1杯と、仕事中のコーヒーブレイクで1杯程度にしておくのがベター

特に女性は、身体を冷やしたり貧血の原因にもなるので摂り過ぎには注意です!

 

コーヒーの代わりに、茶葉を使わないお茶やハーブティーに置き換えしたり、

今はノンカフェインのコーヒーも売っていますのでそういうものに変えるのもいいでしょう。

 

私も昔っからコーヒーが大好きで毎日飲んでいますが

妊娠中はノンカフェインのコーヒーに変えていました。

 

店頭ではなかなか売っていませんが、ネット通販なら

ノンカフェインコーヒーが売られていますので、コーヒーを1日に何杯も飲んでいる人は

5杯のうち2杯は ノンカフェインにするなど工夫してブレイクタイムを楽しんでみてください。

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ