インフルエンザA型の症状と特徴、子供の熱は何度?二峰性発熱とは?



毎年冬場~春にかけて流行するインフルエンザですが、 あなたは今年感染しましたか?

うちは子供がインフルエンザA型にかかり大変でした><

 

まず風邪っぽい症状から始まったので、悪くならないようその日の朝に小児科へ受診。

熱は家では37,5度でしたが病院では38度まであがっていました。

 

主治医もまだ熱が出たばかりだからインフルエンザの検査はしません

という事で 風邪薬をもらい帰宅したんですよ。

 

いつもなら風邪くらいならはしゃいでいる息子ですが

この日はどうも体がだるいのかゴロゴロしてました。

 

そして夕方四時頃、突然の痙攣!!

私はもうパニックってしまい119番しました。

 

朝の時点では38度だったのが

痙攣を起こした時の体温はなんと・・ 40度も熱あったんです。

 

病院での診察の結果はインフルエンザ

救急で搬送された病院でインフルエンザA型と反応が出てタミフルを5日分もらい帰宅!

 

熱の出方は人それぞれで、急に上がるパターンや 熱はさほど出ない人もいます。

 

だから診断されて熱が38度、39度あっても

次の日には下がっているという事もあるそうです。

 

でも、そこで油断してしまうとまた熱が上がってしまう事もあるんです。

 

なのでインフルエンザだからといってみんながみんな

熱が高くて 2,3日は熱にうなされるといった事はないんですね・・

 

「高熱じゃない=インフルエンザじゃない」ただの風邪だろうはNG!

 

子供の調子が悪い時はすぐに病院へ行きましょう

後で取り返しのつかないことになったら悔やみきれませんので。

 

子供に多い特有の症状

生後6ヶ月以降の乳幼児は、高熱が下がって治癒したかと思いきや、

再び発熱を繰り返す「二峰性発熱」がしばしばみられるので注意が必要です。

 

インフルエンザの場合は2~5日高熱がでた後、

半日~1日程度平熱に下がり、 その後再び半日~1日程度の発熱がみられます。

 

6ヶ月以降の乳幼児と、1歳前後~9歳を中心にその症状が現れる事が多く

その中でも特に1歳~4歳児に二峰性発熱を起こすことが多いです

 

高熱・発熱期間の長期化といった傾向があるので注意が必要です><

ワクチンを接種すれば二峰性発熱の発症は少ない傾向にあるといわれています。

 

結局、うちの子は同じ日に2度もの痙攣を起こし、

2度目の病院で痙攣止めの座薬を入れてもらい点滴の薬を入れてもらいました。

熱の出方に特徴あり

インフルエンザの特徴として、熱の出方に問題があるんですよ。

 

普通の風邪とかで熱が出る場合ジワジワ高くなるのが、

インフルエンザや突発性発疹などは一気に熱があがるので

痙攣を起こしやすくなると小児科の先生がおっしゃっていました。

 

1度痙攣を起こすと2度目の痙攣を起こす確率は50%と高いです。

 

誰でもなる病気だし~と安易に考えていると 怖い病気ですので、

38度以上の熱が出始めて次の日も熱がある場合は

病院に行ってインフルエンザの検査をしてもらってくださいね。

 

熱が出ないと病気になってるかわかりませんし、

熱がないとインフルエンザの検査をしても反応が出ないのが困りものです。

 

タミフルが処方されないことも

私も下の子の看病でたぶん病気が移ったはずなんだけど、

熱は1日で下がり、結局検査をしても反応が出なかった為、薬の処方はされませんでした・・。

 

インフルエンザと診断されないとタミフルなどの薬って 出せないんだって!

 

めっちゃ関節痛がひどかったし、熱も38,7度まで上がったんだけど

結局検査で陰性だったため風邪薬の処方だけでした。

 

これっておかしい話だよね?

たぶんインフルエンザであろうという人が検査をしても反応が出なかった場合

インフルエンザのウイルスの増殖を抑ええる薬をもらえない。

 

でも、体の中にはインフルエンザのウイルスがいるわけでしょ!?

そのまま放置しておくと周りのみんなにインフルエンザ菌をばら撒いちゃう。

 

何か、納得のいかない所ではありますが、熱が出ないインフルエンザもあるし

熱が一瞬出て下がり検査しても反応が出ない事もあるってのを知っておいて欲しいなと思います。

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ