RSウィルスの症状(大人編)妊婦、高齢者に感染大丈夫?



RSウイルスって2歳未満の乳幼児に感染すると重症化すると

怖い病気ですが、大人に感染した場合はどうなるでしょうか?

 

・RSウイルスに大人が感染するとどうなるのか?

・妊婦さんに感染した場合どうなるのか?

・高齢者に感染するとどうなるのか?

 

ここ重点に書いていこうと思います。

 

大人がRSウイルスに感染すると?

高齢者以外の大人がRSウイルスに感染すると大変な事になるのでしょうか?

答えは、風邪引いたな~くらいの症状です!

 

具体的には、水のような鼻水が出る、鼻づまりが辛い、

咳が続いて呼吸がしづらいなどが主な症状です。

 

このRSウイルス、私も感染した経験があります。

 

子供が1歳半の時にRSウイルスに感染し、最初は風邪だろうと言う診断を受けて

風邪薬をもらって様子を見ていたんですが、熱が出てとにかく咳が酷くって

夜も眠れないほどに悪化してきました。

 

気になったので再度かかりつけの小児科でレントゲンや採血などしてもらい

「RSウイルス」に感染している事が判明、即入院になってしまいます・・

 

もちろん1歳半だと親が24時間付き添いです

感染する病気なので個室でしたが24時間点滴がささり、数時間に1度の吸入でした!

 

個室でずっと付き添いしてるので病気がうつる人がほとんどです。

 

ただ大人の場合は熱も微熱で高くなく、ほんと風邪の症状で済みました

子供も退院したので一緒に自宅療養し症状が治まるのを待って自然と治っていました。

 

妊婦さんがRSウイルスに感染するとどうなる?

妊娠中って風邪1つ引けないので凄く気を使います、薬が飲めないからね><

 

RSウイルスは、トキソプラズマ症、風疹、サイトメガロウイルス、

単純ヘルペスウイルスなどとは異なるので妊婦が感染しても胎児に影響なし。

 

ただし、大人のRSウイルス感染症は症状が軽いとはいえ、

妊娠中は体力が落ちているので、通常よりは注意する必要はありますね。

 

あまりに症状がきつければ産婦人科へ受診し、医療機関から処方された薬であれば、

服用してもまったく問題はありませんので無理はしないでくださいね。

 

どうしても薬には頼りたくないという方は、のどの痛みを和らげるトローチ、

ビタミンを含んだサプリメントや飲料などを飲むといいですよ。

 

特に大人が感染しても怖い病気ではないので

とにかく栄養と休息をとりながら回復を待つしかないですね。

 

妊娠中に感染しても胎児に影響はないとはいえ、

出産後の新生児には、授乳の際などにRSウイルスに感染する場合があるので、

出産までに完治しておくべきですね。

 

上の子がRSウイルスに感染し、2人目がお腹にいるママさんが

うちの子が入院している時に隣の部屋にいらっしゃいましたがマスクを着用し看病してました・・。

 

誰か付き添いの変われる人いないのかな~とちょっと心配だったけど

胎児に影響がないなら安心ですね!

 

1番怖いのは高齢者が感染する事

高齢者が感染すると乳幼児が感染した時のように

体力や免疫力の低下に伴い重症化する可能性があるので注意が必要です。

 

初期の症状は風邪と良く似ているので、放置しがちですが、

風邪気味でも咳が沢山出る場合は軽く考えずに医療機関で診察を受けるようにしましょう。

 

検査はインフルエンザの検査と同じような検査の仕方です。

 

30分程度で結果が分かりますので咳がいつもの風邪の時よりひどい場合は

早めに病院へ受診し検査をしてもらいましょうね。

 

大人に感染しても大したことないRSウイルスですが

喘息やアレルギー疾患がある人が感染するとひどく症状が出ると言われています。

 

ですので家族で感染者が出た場合はマスクは必ずしてくださいね。

手洗い、うがいを忘れず、外出は控えて家でゆっくり過ごしてくださいね。

 

とはいえ、わが子が感染していると看病で大変ですからね。

疲れも出ますし、寝不足にもなりますので、

子供が寝ている間に自分も少し横になるといった方法と取りながら看病してください。

 

親がダウンしてしまうとホント大変ですのでね。

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ