関東地方の梅雨明けは?過去の平年値から予報



毎年梅雨の時期は何だか体もだるくって嫌ですよね><

「そもそも梅雨ってなんじゃ?」

こう言われると首をかしげますよねー

なので今回は梅雨についての簡単な説明
また関東で明ける平均値について紹介します。

 

梅雨とは

春から夏に移行する過程で、その前後の時期と比べて雨が多くなります。
日照が少なくなる季節現象なんですよ。

梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。

早く梅雨が明けないかなぁ~と梅雨明け情報などを見るんだけど
だいたい毎年同じ時期に梅雨明けが発表されています。

今日は、関東地方の梅雨明けの平年日を参考にし2014年の
梅雨入り、梅雨明けを予想したいと思います。

 

昨年の関東地方の梅雨入りは「6月8日」
梅雨明けは「7月20日」と発表されていました。

一ヶ月以上も梅雨ってあったんだね!

こうやって数字で見ると結構長い気がします・・(´Д`;)

 

過去の平均値

では、ここ数年の梅雨明けはどんな感じだったんでしょうか?

2009年 6月3日~ 7月14日

2010年 6月13日~7月17日

2011年・・5月27日~7月9日

2012年・・6月9日~7月25日

2013年・・6月10日~7月6日

 

過去5年はこのような感じでした。

2011年は梅雨入りが早かったんですね。
他の年はだいたい同じ頃ですが、2012年は梅雨明けが遅かったのが見てわかります。

 

こういう統計から気象庁が判断した結果、

関東地方の平均値は6月8日~7月21日となっています。

 

2014年はどうなる?

ここ2年は梅雨入りが6月9、10日なので
今年もそれくらいじゃないかと予想してます。

 

梅雨明けに関してはちょっと予想するのが難しいですね
2012年が7月25日、2013年が7月6日と20日も差が開いているのでね(笑)

間とって梅雨明けは7月15日ごろとしておきましょうかねヽ(*´∀`)ノ

関東地方の梅雨明けの平均値から算出した2014年の梅雨入りは6月9日、
梅雨明けは7月15日と言うことにしておきます(キリ

 

話は変わるのですが北海道は梅雨がなんですよね。

 

この時期になると北海道に住みたいなぁって思うけど
冬になるとあの雪を見てしまうとやっぱり北海道には住めないな~って思っちゃうんですよね。

沖縄は花粉が飛ばないと言いますし、
春は沖縄、梅雨~夏は北海道、冬も沖縄みたいな感じで
季節によって住む場所を変えるのが最高なんでしょうけどね(笑)

 

まあそんなことが出来るはずもないので
梅雨も季節の移り変わりに必要なものだと思って耐えるしかないですね!

車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社の差が22万6000円でした。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中でイチバン高額査定してもらえました。

申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社がわかりますよ♪

⇒かんたん車査定の一括査定



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ