梅雨の意味と語源、気象庁の予報発表が外れる理由



梅雨の辞書的な意味は日本においては、

5月後半から7月中旬あたりにかけてみられる雨期のことを呼びます。

 

この語源としては中国の「ばいう」で、

江戸時代から「つゆ」と呼ばれるようになりました。

 

やはり近隣国である中国の影響は強く受けてる部分があり、

コレ以外にも色々な面で密接な関係があると言えます。

 

例年、この時期になると北海道を除く日本列島は、

長期にわたって雨が降りやすい天気となり、

時折、雨の降りすぎによって農作物に多大な被害を与えることもあります。

 

春の終わりと夏の訪れ

この時期が始まることを梅雨入り、入梅といい、

春が終わったことを意味します。

 

これと同時に初夏の訪れが近いことをも意味し、

農業が盛んだった日本においては始まり、終わりの時期、

期間が非常に重要な意味を持ってます。

 

日本人が他の国々の人に比べて天気を気にしたり、

天候によって判断を変えたりする傾向があると言うのは、

この事と無縁ではないといわれています。

 

つまり農耕民族の血が今も大きな影響を与えてるわけで、

古くから日本人が自然や天気と共に、密接に生活をしてきた表れでもあります。

 

行動面だけでなく雨天時の方が鬱っぽい気持ちになる、

落ち込みがちになると言うデータもあります。

 

気象庁が発表する

梅雨入りや明けの情報はほとんどの地域において、

気象当局が発表を行うのが毎年恒例となっています。

 

大概はこの期間は1ヶ月から長くても2ヶ月程度ですが、

年によっては若干の期間のずれが生じることもあります。

 

また近年は異常気象によって入りの時期が早かったり、

明けの時期が遅かったりすることが増えています。

 

そのような年の夏は猛暑や少雨となったり、

冷夏で多雨となったりするなど夏の天候が不安定になります。

 

気象庁しっかりしろ!

それにしても最近の気象庁はダメダメです。

 

梅雨入りをした次の1週間全て快晴で、

梅雨入りを撤回したりと迷走が続いてます。

 

地球温暖化の影響で予想しずらいのは分かりますが、

それにしても酷い…「何のための気象庁?」って感じです。

 

気象予報士も難関資格ですが、

予報が当たらないとなると、試験制度に見直しが必要ですね。

 

下駄で天気予報した方が当たるんじゃないか?

 

今の結果だとこのように言われても仕方ないですよね、

あれだけミスしても許される職業はほかにないと思います。

 

ツリーダイヤグラムがあれば天気予報は100%当たるので、

早く開発されないかな~と思う今日この頃です、

このネタが分かる人はどれだけいるだろうか(笑)



あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ