DIY(日曜大工)棚の作り方、初心者でも簡単!100均すのこを活用



普段の生活の中でお部屋の収納に悩む場面ってありませんか?

 

部屋に合うように寸法優先で買ってきた棚がイマイチ自分の好みに合わない

引き出しも付いていたらよかったのに…

 

もっと機能的に収納したいけどちょうどよいものがない。

 

収納に関しては、デッドスペースも有効に使いたいけど、

市販品 の棚だと奥行き・幅・高さがしっくりこない…

 

このように自分の好みに合わせた

ぴったりサイズの収納棚を見つ けるのに苦労してませんか?

 

そんなときは思い切って自分で棚を作ってみませんか?

そうですDIYこと日曜大工の出番です、

欲しいものがないなら自分で作ってしまいましょう。

 

今回はノコギリを使うのに不安な初心者さんでも

安心して作れる DIYのアイデアをご紹介します。

 

「すのこ」を活用して安く作る

ホームセンターで売っている「すのこ」での棚の作り方をご紹介

まずはすのこを使って小さなものを練習で作ってみるのがオススメ!

 

用意するもの

・すのこ(5枚)

・木工用ボンド

・釘と金槌

 

今では100円均一でも売っていますので失敗しても費用的 には安心です。

100均アイテム 安くて簡単!すのこを使った棚作り

 

文章だけだと分かりずらいでしょうから動画を先にチェックしてくださいねー

 

1.まず横板となる二枚のすのこを下駄部分が内側になるように向い合せて

向かい合った一番下の下駄部分に三枚目のすのこを渡します。

そして、下駄部分とすのこの接着面を木工用ボンドで接着します。

 

2.次に向かい合った真ん中の下駄部分にも同様に四枚目のすのこを渡して接着。

 

3.次に向かい合った一番上の下駄部分にも同様に五枚目のすのこを渡して接着します。

 

4.接着部分がなじむように重石をつけ、接着材が乾燥したら釘を打ちつけて完成、

おおー、こりゃめちゃくちゃ簡単じゃないですか^^

 

完成した「すのこ棚」をアレンジ

今回は三段の棚で作成しましたが、

中板を付けないで用途に合わせて 二段にするのもいいですね。

 

あとはすのこの枚数を増やして更に大きな棚にしてみるとか、

ペンキ やスプレーで自分の好みの色に塗ってみましょう。

 

オリジナリティーが出て さらに愛着がわいてきます!

 

慣れてきたらすのこをのこぎりでカット、大きさを自由に変え

自分の希望に有ったデザインの高さや幅を調整してみましょう。

 

これが自由自在に出来るのがDIYのメリットですからねー

 

道具の使い方や作り方に始めは慣れないかもしれませんが

作業してい るうちにだんだん慣れてきますよー

 

ぜひDIY(日曜だく)の楽しさを味わってみてくださいね!



あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ